【Q&A】不安ばかりがつのったときは、現実と未来を把握することからはじめよう!

2015年1月23日Q&A, お金と家計管理・貯金

テンパって、めずらしく母に育児相談電話をしたゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
いやさ、普段全然育児の相談とかしないのよ。
もともと離れてるし。
 
でも、今日は母・お京さんに電話しちゃいました。
なんで電話したかって、
 
次女の、生みの苦しみがハンパなさそうだったから(´・ω・`)
 
です。
生みの苦しみで察していただくとありがたいのですが(笑)
大変でした・・・。
泣き叫びながら、でしたから。
初です、初。
 
さて。
今日は、ご質問というかコメントをいただいたのでそちらに答えてみたいと思います。
 



 
・・・の、前に。
コメントいただいたなかに、いろいろ整理したい部分があったので、まずはそちら。
 

残業代によって毎月の貯金も13万から20万くらいと差があります。やはり、貯金をいくらとまず決めて残りでやりくりすべきなんでしょうか?

 
毎月、最低でも13万円の貯金ができているっていうことですよね!
それ、すごいと思いますよ( ゚д゚ )
 
先取り貯金は、貯金の王道であり理想形。
 
だけど、mamiさんの場合はしっかりと貯金できてますし、最低でも貯められるお金13万円を基準額として、それ以上貯められそうなら貯める、で、いいかなとも思います(´∀`)
なにがなんでも先取り貯金!なんて考えて、貯金がストレスになっては本末転倒ですし。
 
逆に、まったく貯められていない人、もしくはいま貯金が全然なくて、これから貯めたいと思っている人ならば、先取り貯金は必須だと考えています(`・ω・´)キリッ
まずは貯めグセをつけることが先!なので。
 

来年子供が産まれたら二人分の大学費用を準備する必要があり、だいたい2人で1000万が目標ですがあと半分まだ足りないです。
老後準備は主人の勤務先の財形年金のようなものがあり、60歳になったときには元金で1500万貯まるようにしています。
退職金は多分今退職する方より減ってしまうと思うので2000万くらいしか期待できません。

 
お子さん2人で1,000万円のうち、500万円は積み立てられているということで理解しますね!
老後資金は、退職時にあわせて3,500万円くらいはありそうだということですよね!
 
たぶん、しっかり備えてらっしゃると思いますよ!
逆に、それを聞いて、ゆみちん家、やばいわ:(;゙゚’ω゚’):と不安に思ったくらいです(笑)
すごいです!!
 
支出を必要以上に増やしていかなければ家計は安定運航できますので、淡々といまのスタイルを続けるのがいちばんかも、という印象を持ちました!
 
 
で、ご質問にうつります。
 

Question

ローンが終わればその分も老後資金に回していけるように、しっかり繰上返済もしていく予定です。
ゆみちんさんはローンの繰上返済はされるご予定ですか?老後準備はどうされていますか?
専業主婦になって毎月の貯金が20万くらい減っているので気持ちばかり焦ってしまいます。
 

Answer

わが家は専業主婦で、しかも、手取り23~25万円前後が平均。
世間的にはロウアー・ミドル(年収600万円以下)というカテゴリーになるそうです(;´Д`)
 
ですので、貯蓄にも優先順位をつけていかないと、あれもこれも同時に貯めるってことは無理です。
 
コメントのなかに「ゆみちんさんのように細かく積み立てなど出来てません…」とありましたが、ぶっちゃけたことを言うと、
 
うちは家計がギリギリなので、こまかく予算設定しないとすぐに赤字になってしまう。
 
ということです(笑)
とにかく、必要なところに必要な金額をしっかり準備しておくことで赤字に転落するのを防ぐというか。
 
なので、普通だったらあんまり細かくわけなくてもいいですよ~と、他の方から相談されたときにも返信しておりました(笑)
 
お給料が少ないと思ったことはありませんが、生活費だけでギリギリのときもあります。
ひとつ歯車がくるってしまえば、すぐに転落するのでは?という危機感はあります。
 
 
で。
わが家の優先順位は、
 
教育資金 > 老後資金 > 繰り上げ返済
 
となっています。
老後資金と繰り上げ返済、ちっさい(笑)
 
今後10年を考えてみて、いちばん重要度が高いのが教育費になってくるので、まずは2人分600万円を最優先で貯めています。
 
老後資金と繰り上げ返済については、教育費が貯まってから考えるつもりでいるので、いまのところ考えてないというのが答えです。
少しずつは貯めるようにしてますが、やっぱり貯まったら教育費にプールしちゃいますね(笑)
 
ゆみちんは、いまの家計状況で貯金ができているなら、支出を最低限に抑えて生活していけば、子育てが終わってからでも間に合うと楽観視している部分がありまして(;´∀`)
 
老後資金と教育資金を同時進行で貯められない状況なので、もう一直線に決めた優先順位通りにやってます(´∀`)
 
あとは、少しだけゆみちん自身の収入がありますので、それをとくに用途を決めず貯めていますので、このまま貯まれば老後資金にしようかなぁといった程度です。
 



 

スポンサー リンク

優先順位を決め、将来の状況を具体的に把握する。

専業主婦になると、とたんに不安になりますよね(;´Д`)
じぶんが稼いでいない不安とか、これまで通りに家計や貯金を維持できないとか、いろいろあると思います。 
 
コメント欄での様子をうかがう限り、現在貯金が全然できていないわけではなく、しっかり取り組まれてますよね。
老後もみすえて、すでに動かれているわけですし!
 
むしろ、mamiさんご自身が専業主婦になったことで、これまで通り貯金できない!どうしたらいいの!?・・・という不安感のほうが強いんじゃないかなって感じました。
 
もし、ぜんっぜん違ってたらすみません(;´Д`)
コメント欄でうかがう限り、という前提でいるということを了承いただければ。
 
 
将来のばくぜんとした不安とか、これでいいのかという不安を解消するためには、現在の貯蓄状況を10年間続けたら・・・みたいな計算をしてみるといいかもしれません。
 
20年でも、定年まででもいいと思いますが、お子さん次第で貯金や家計の状況も変わってきますので、まずは10年後を考えてみるといいかなと思いました。
 

プロに診断してもらう。

どうしても、より詳細な情報がほしいといった場合は、プロの方に家計診断をしてもらうという手もあります。
 
ファイナンシャルプランナーや家計コンサルタントに、有料の相談をしてもらう。
 
そうすることで、いま感じている不安感から、解放されるかもしれません。
 
ネットで探せばそういったことを引き受けている方がいらっしゃるので、探されてみてはいかがでしょうか(´∀`)
 
こういった感じの。
 ↓ ↓ ↓
家計の見直し相談センター
 
家計診断
 
こことゆみちんはなんの関係もないのですが(笑)、マネーの達人養成学校をやってて。
次女が幼稚園に通いだしたら、気になる講座はぜひとも受けてみようと考えてるところです(´∀`)
 
以前申し込んだことあるんですけど、子どもが体調崩しちゃって行けず(´・ω・`)
いずれ時間を作って、必ず行きます!
 

保険相談を活用する手も。

ゆみちんが受けた無料保険相談では、ライフプラン表を出してもらい、現在の家計状況をふまえたうえでの保険設計などもしていただきました。
 
家計の相談に乗ってくれそうな場所がないときは、保険相談の活用もいいかもしれません。
 
事前に申し込みをするときに、家計の相談も含めて保険を見直したいという意思も伝えておくといいですよ!
 

まとめ

限られた収入のなかで貯めていくには、優先順位をつけて、必要なお金を確保していくということが大事になってきます。
 
じっくり資産状況を見据えて、未来に向けてプランニングしたら、あとは時間を味方につけて、のんびりコツコツやっていくことがいちばんの近道だと思います(´∀`)
 
先がわかってくれば、不安感もやわらいできますし、貯金していく過程で、あ、大丈夫じゃん!って感覚が持てるようになるかもしれません。
そうなるといいなぁと思います。

mamiさんの力になれると幸いです♪
ご質問、ありがとうございました(´∀`)
 
ゆみちんも、コツコツコツコツ、がんばっていきますね♪
 


PAGE TOP