長女2歳。初めてのインフルエンザ。どんな症状?どう対処する?新型インフルエンザの記録。

2015年2月5日暮らし・ライフスタイル, 病気・風邪の記録, 育児・家族のこと

数年前、新型インフルエンザと呼ばれるものが流行したときのこと、覚えていますか?
あのとき、わが家は、一家全員、インフルエンザに苦しんでしまいました。
 
長女、初めてのインフルエンザが、新型インフルエンザだったのです。
とても怖かった・・・。
 
さすがに、実家サポートが得られる家庭でも、インフルエンザとなると実家はなかなか頼れないですよね。
だけど、サポートなしでも、しっかり乗り越えることができました!
 
インフルエンザはどういった症状で、どういった経過をたどったのか。
書き残しておきますね! 

スポンサー リンク

インフルエンザの予防でやったこと。

・手洗い・うがい・マスク
基本中の基本ですよね。
外出時、マスクは必ず着用していました。 

・消毒スプレーを持ち歩く。
ドラッグストアで、携帯用の消毒スプレーを買って、つねに持ち歩いていました。
 
・むやみやたらにでかけない
人ごみにいけば感染リスクがはねあがります。
なるべく週末もひとごみにはでかけず、普段の買い物も人が少ない時間帯を狙って行きました。
 
・部屋の湿度は60%以上に保つ。
湿度が50%以下になると、インフルエンザ菌が活性化するということで、加湿は必ずしていました。 
 
じぶんでは、予防と対策は万全にしてたつもりです(笑)
いま思えば、これで大丈夫!うちはかからない!って思ってた部分があったのですが、その根拠はなんだったんだろうと感じます(笑)

インフルエンザの症状と経過

初日

夫、咳がではじめる。
夜0時頃発熱。

2日目

夫 体温38度。
病院でインフル検査をするも陰性。
周りにインフル患者もいなかったので、普通の抗生剤をもらい安静にしていたが、食事は取れず。

3日目

夫、ひと晩ですっかり回復。
長女の鼻水がではじめて、続いている。

4日目

長女、鼻水と咳。
夜9時頃、38.2度の発熱があるが、ぐっすり寝る。

5日目

長女、38.3度の発熱が続いている。
朝9:30に病院へいき、病院の検温で39度台に。
発熱の仕方から、念のため、インフル検査をすることに。
 
インフルエンザA型・陽性!
 
インフルエンザが確定したので、タミフルなどの処方薬を持ち帰る。
・タミフルドライシロップ5日分(1日2回)、
・その他咳止め等(アスベリン散・ムコダインDS・レフトーゼ)7日分(1日3回)、
・解熱剤(アンヒバ座薬)。
 
病院ではいたって元気に過ごしていた。
 
10:30 帰宅後すぐにタミフルと薬を服用。1回目。
11:30~13:30まで昼寝。
14:00頃、食パンが食べたいというので、少し食べさせた。熱39.5度。
14:30頃、お昼の薬を飲ませる。
15:00~17:00まで昼寝。
17:30、昼寝から覚めて熱をはかると、40.0度!
座薬を入れようと思ったが、それなりに元気で、テレビも見ているので、
使わず様子を見る。(というか、入れようとしたら拒否られた・・)
40.0度はこのときだけで、すぐに39度台へ。
18:30 夫帰宅。夫が買ってきたデザートを食べる。ごはんは食べず。
19:00 2回目タミフル。熱は38.7度。
20:30 就寝。
 
サトママ 少し咳がではじめる。のどが痛い。熱は36.6度。
長女は、鼻が詰まっていたけど、ぐっすり寝る。

6日目

夫は、家族がインフルエンザということで出社停止。
 
長女が0時頃咳こんで目を覚ます。熱は38.8度。
8:00 3回目のタミフル。熱は37.6度。テレビを見たりして過ごす。
13:00 長女の熱は37.7度。
サトママは咳、頭痛、倦怠感、熱37.3度。
15:30 長女の熱が再び39.1度。ごはんはほとんど食べず。
サトママの熱38.0度。病院へ行くも、発熱から時間が経っていないのでインフル陰性。
しかし、インフルの可能性大ということで、リレンザを処方される。
薬局でリレンザを吸入。1回目
20:00 長女は39.3度 高熱のわりに元気。4回目タミフル。
サトママの熱38.0度。背中痛、頭痛、咳。
長女、ぐっすり寝る。でも、ときどき体がかゆいらしくぐずる。(アトピーもち。)

7日目

午前中
長女、36.7度。5回目タミフル。
サトママ、36.9度。2回目リレンザ。
症状は、ふたりとも咳がでるくらい。
午後
長女、36.4度。
サトママ、37.4度。1日寝て過ごす。
長女はいたって元気で、夫とよく遊ぶ。

長女、37.2度。6回目タミフル。サトママ、37.5度。3回目リレンザ。

8日目

サトママ、36.6度。4・5回目リレンザ。一日中36度台キープ。解熱1日目。
長女、AM37.1度。7回目タミフル。
PM36.5度。夜37.8度。8回目タミフル。
午前中は、元気なく、おとなしくテレビを見て過ごす。
午後から元気復活。よく遊んだ。
微熱が続く。

9日目

長女は、36度台をキープ。9・10回目タミフルで終了。
サトママ、20日も36度台キープ。6・7回目リレンザ。

10日目

長女、1日を通して36度台キープ。
解熱して2日たったので、病院へ行ってまだ症状が残っている咳のお薬処方。
インフルエンザは家族全員、完全回復!

発熱してからするべきこと。

インフルエンザの特徴は、急激な発熱や頭痛、関節痛です。
子どもが突然高熱を出したときは、インフルエンザを疑います。
 
すぐにお医者さんに行ったほうがいいかなと考えますが、発熱してすぐに検査してもインフルエンザは陰性になりやすいのだとか。
できれば半日から24時間経過してから、病院にかかると結果も安定するので良いそうですよ!
 
院内感染も心配なのですが、最近の小児科は、院内感染予防のために、インフルエンザなどの感染症が疑われる場合、隔離室が設けてある場所も多いです。
もちろん、場合によっては車で待たせてもらったりすることもできます。
受付でそのあたりは確認していました。

インフルエンザの感想

長かったです。とっても(;´Д`)
夫が発熱してから、長女が解熱するまで、じつに10日もかかりました。
 
症状も、なかなか安定せず、熱があがったりさがったりで、不安でした。
40度を記録したときなんて、心臓がバクバクして変な汗かきましたよ(苦笑)
経過中は、いつ急変するか気が気じゃなくって、あまり眠れませんでした。
 
インフルエンザの季節は毎年怖いのですが、長女は年々、かかっても軽症で済むようになってきました。
体力をつけて、免疫力をあげて、冬を乗り切っていきたいものですね。


PAGE TOP