暮らし・ライフスタイル

赤ちゃんが寝ているときに家事をしてはいけない理由。いますぐ完璧主義をやめよう!

初めての、赤ちゃんとの生活。
きっと、きちんとやらなければ!と肩に力が入っていることだと思います。
 
里帰り出産をしないで、夫婦ふたりでがんばると決めたお母さん!
がんばりすぎていると、疲れがドッと溜まって、ぐったりと疲れ切ってしまうかもしれませんよ。

お母さん、ゆっくり休んでね

赤ちゃんが寝ているときに、溜まった家事をこなしてしまおうと考えるお母さんも多いと思います。
でも!!
 
赤ちゃんが寝ているときに、家事はしないでください!
 
そんなことしてると家が全然片付かないよ!と、お怒りの意見を頂きそうです(苦笑)
ですが、寝ているときに家事はしないで。
どうしてかというと、
 
お母さんは、赤ちゃんが寝ている時間しか休めないからです。
 
里帰り出産でも、里帰りしない出産でも、まだまだ回復していない体を酷使して、慣れない育児をやっていかなければいけないのです。
 
育児はエンドレス。
24時間営業です。
トイレだってゆっくり入っていられません。
赤ちゃんのお世話は、最も過酷な仕事です。
 
だからこそ、赤ちゃんがぐっすりと寝ている時間は、お母さんもゆっくりと休んでほしい。
カラダもココロも、ゆっくりと休めてほしいな、と思うんです。

赤ちゃんといっしょに家事をする

では、いつ家事をするのか。
それは、もちろん、
  
赤ちゃんが起きているとき。
 
産後の体の回復期間は、幸いにも、赤ちゃん自身もなにもできません。
ただただねっ転がっているだけです。
なにも邪魔をしてきません。
ですので、家事をするのも効率的にすすめることができます。

  • 赤ちゃんをお母さんの近くに寝かせてあげて、顔を見ながら洗濯ものを干したり、洗濯物をたたんだり。
  • お母さんの姿が見える場所に、バウンサーや布団を敷いてあげて、顔をみながらご飯を作る。
  • 掃除機は、音が大きく赤ちゃんも嫌うので、箒に持ちかえて昔ながらの掃除をする。

赤ちゃんが寝ているほうが家事がはかどると思いがちですが、ねんねのときは、起きていてもさほど家事の効率には影響しません。
むしろ、歩けるようになってからのほうが、家事は大変になります(苦笑)
 
産後すぐには使えませんが、生後2~3ヶ月もすると首がすわってきます。
そうすると、おんぶひもが使えるようになります。
 
家事をするときには、昔ながらのおんぶ紐がいちばん使いやすい!
さっとおんぶできますし、なにより安定していますので、わたしも長く使用していました。
ぐずったときにも役立ちますし、今後、きょうだいができたときはなおさら活躍するシーンが増えますので、1つ持っていると重宝します。

完璧主義はいますぐ捨てよう!ストレスが抱えないことも大切

家事をしなければ!
完璧にやらなければ!
寝ている間にやることいっぱいだ!

 
・・・と、無理して赤ちゃんが寝ているときにこなそうとすると、いざ家事をやりはじめて赤ちゃんが起きてしまったときに、逆にストレスになってしまいます。
もう起きたのか、また相手しなきゃ・・・って考えてしまうこともあるかもしれません。
 
無理せずに、赤ちゃんが寝たときは、お母さんもゆっくり休んで!
赤ちゃんが起きてから、いっしょに家事をしてくださいね♪
ストレスなく育児をする、ひとつのコツですよ!

ブロガー
yumi(旧ゆみちん)
ブログ運営歴15年。 記事を書いたり、動画投稿したり、ゲームなんかをしながら生活しています。 得意分野*家計管理|片付け|ゲーム攻略動画の編集 保有資格*ファイナンシャルプランナー3級|整理収納アドバイザー1級
\ Follow me /