フリーランスの強い味方!ベビーシッターサービス「スマートシッター」で仕事も息抜きもバッチリ

個人事業主のお話, 暮らし・ライフスタイル

実家遠方にて孤独育児をがんばってきたフリーランス主婦のゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
長女、小学3年生、次女、幼稚園年少さん。
夫会社員、妻フリーランスという共稼ぎ家庭です。
 
フリーランス主婦のメリットとデメリット。専業主婦からブロガー&Webライターになって変わったこと

子どもたちの集団生活がはじまっているわが家ですが、「もうちょっと長く仕事時間を確保できたら・・・」と思うときがあるんですよね。
 
夏休みなどの長期休暇や、たまーにある、都内での打ち合わせなどです。
 
時間の融通ができない場合は、夫が早く帰ってきたり、有給休暇をとってもらったりで対応してもらってます。
 
でも・・・先日の骨折騒ぎで1ヶ月間休んでしまい、積み立て休暇も使い果たし、有休がわずかにあるのみです(笑)
 
これはピンチ。
ということで、いつも頼んでるおいしっくすに同梱されているパンフレットで知った、ベビーシッターサービスの「スマートシッター」に登録してみました。


スポンサー リンク

1時間1,500円からのベビーシッター

スマートシッター

スマートシッターは、対応年齢は12歳までOKなんです。
なので、長女も次女も、いっしょにみてもらえます。

スマートシッターの登録方法

登録方法は難しくありません。
Webサイトから簡単にできます。

必要事項

必要事項を入力します。
最寄り駅から自宅までの道順や時間なども記載します。
 
パートナーや他の家族の緊急連絡先も必須。
じぶんが対応できない場合、スマートシッターから連絡がきても良いように、確実に連絡がつくものが必要ですよ。
(職場とか。)

身分証明書を登録する

身分証名

身分証明はアップロード対応です。
わたしは運転免許証をスマホで撮影してアップロードしました。

子どもの情報を登録する

子どもの情報

親子写真や子どもたちの写真を登録します。

また、子どもたちの体質や対応してほしいこと(アレルギーとか)、おむつや離乳食などを記入していきます。

わが家の場合、すでに子どもたちが大きいのでとくになく・・・
アレルギーくらいですね。

希望することを記入

希望すること

利用の理由や、子どもたちの遊び場所など、必要なことを記入していきます。

フリーランスであることや、どういうときに利用するのかを詳細に書きました。

子どもが大きいと、ゲームなどに関することも入れたほうがいいかなぁ?と思い、ゲーム利用時のわが家ルールなども書き込んでおきました^^;

審査があります

すべての登録が終わると、その後、スマートシッター側の審査があります。
審査というとアレですが、ようは対応できるものかどうか判断してくれてるってことですね。
 
この審査時間中に、夫に連絡が入ったようです。
緊急連絡先には必ず電話連絡をすると書かれていたので、事前にパートナーや家族に連絡しておくといいですね。
 
うちは連絡してなかったので、さぞびっくりしたことでしょう(笑)
 
審査が終わると、電話が掛かってきました。
マイページにて確認できると言われたので、ログイン。
無事に利用できるようになっていました。

シッターさんの紹介

利用ができるようになると、マイページから依頼をかけることができます。

シッターの状況

おすすめシッターさんと出てきますが、千葉市近辺だとわりとたくさんの方がいらっしゃいました。
 
実際の利用者がつけるレビューもありますし、シッターさんのページに飛ぶと、紹介動画をアップしてる方もいて、どんな方かあらかじめわかるようになっています。
 
どんな遊びが得意で、どういう経歴だったのか。
じぶんが興味のあることなども記載されているので、人柄を感じることができますね。
 
親と同じ趣味を持ってる方だと、より親近感が持てそうです^^

料金は? 2人預ける場合は2倍なの?

検索してみると、1時間1,500円〜2,500円くらいの方が多いですね。
実際に掛かる料金は、保育料+交通費です。
近い方を選べば、交通費が抑えられていいかも。
 
うちは2人同時に預けることが多くなると思うので、もしかしてこの2倍かかるのかしら・・・?とガクブルしましたが、割引き制度があったりで、少しだけ安くなる模様。
単純に2倍ではなさそうです。

支払いはクレジットカード対応!

なんてすばらしい!
クレジットカード払い(VISA / MASTER)なんですよ!
現金いらず!
 
ポイント貯めましょう(笑)

初回登録時はクーポンが6,000円分もらえます

クーポン

初回登録時に限りですが、6,000円分のクーポンがもらえました。
有効期限はありますが、これは使わなきゃもったいない!

おとな2人で対応する育児で感じる限界

来てくださるシッターさんは、保育士経験のある方がメインです。
 
親にはできない、おおらかに見守って保育をするっていうのも可能にしてくれるのが、保育士さんなんですよね^^
 
なんというか、親というだけで子どもに期待してしまうので、ゆるりと見守るということが難しいんです。
ついガミガミしちゃう(´・ω・`)
 
スマートシッターは、生後半年くらいの赤ちゃんから利用可能なので、ちょうど育児疲れでぐったりしてる育休中のママさんとかにもぴったりですよね。
 
体感的に、生後3ヶ月で睡眠不足がピークでウツ気味になり、6ヶ月で精神的にも体力的にも限界がくる時期でしたから・・・。
 
そんなときにシッターサービスって良いと思う。
 
保育時間中、親は家にいてもいいし、外出してもいいので、完全にお任せすることもできます。
 
・2時間ほど仮眠や買い物がしたい
・リフレッシュに美容院へ
・放置してた歯医者に行く
・会社や役所に申請書を提出しにいく
・友達とランチ
・就職活動をする
・仕事をする
 
などなど、もう1人おとながいてくれると助かるのに!という部分をサポートしてくれます。
 
いやー、援助してくれる人が近くにいないものにとってはとても助かりそう。

一時保育は、いますぐ案件には対応できない

育児中のリフレッシュや一時預かり制度は、市町村も主体で行っています。
一時保育(産後の特定保育なども)がありますよね。
 
長女が1歳半くらいの頃から利用していました。
住んでる場所によって違いますが、一時保育を利用する場合は1ヶ月まえからの予約が必須。
 
いま住んでいる場所なんて、リフレッシュで予約すると育児疲れと認定されて面談までするはめに・・・。
(しかも、学校行事だとその時間だけとかいう、非常に利用しづらいレベル。)
 
専業主婦だと自由がきくと思うのか、こちらが希望した日にちをずらしてきたりね。
ちょっとどうかと思うことが多々ありました。
 
いや、ちょっと休みたいだけなのよ!
いや、その日に病院に行きたいのよ!
あした急な打ち合わせが入ったのよ!
・・・という「いますぐ案件」には対応できないのが現状。
 
確かに、保育園の一時保育は、1日預けて1,000〜2,000円と、びっくりするくらい安いです。
だから活用してきました。
 
シッターサービスは1時間1,500円から2,000円と、一時保育と比べれば値段は確かに高くなります。
 
でも、「いま利用したい」という希望は、一時保育には叶えられないわけです。
これが、いまの一時保育制度の現状です。

シッターサービスはママ・パパの強い味方!

睡眠不足でつらい・・・
仕事と家事の両立でバタバタして時間がない・・・
急な出張は全部断らないといけない・・・

これからの時代、シッターサービスの重要性がどんどん増してきそうですよね。

だって、いま現在働きながら育児をしている世帯には、保育園ができるのを待っている余裕なんて、まったくないわけです。
 
国や自治体の対応をヒリヒリしながら待っている間にも、じぶんたちの人生は進み、子どもたちは大きくなっていきます。
そう考えると、時間をムダになんてできません。

シッターサービスは、ネットから予約ができて、いますぐ案件にも対応できます。
また、夜23時まで預かりOKというところも助かりますよね。
 
幼稚園や保育園のお迎えにも対応してもらえるので、子育て家庭にものすごく助かるサービスなのです。
 
専業主婦家庭だって、普段は母親が一生懸命がんばっています。
 
週末は父親に子どもを見てもらって、母親は息抜きしよう・・・なんて言われたって、父親だって休日くらいゆっくり休みたいはずですよ。
 
わたしは、いつも夫に気を使いながら時間をもらっていました。
夫も、週末育児でぐったり疲れ果てているときもありました。
 
でも、そうしないとわたしはきっと、子育てで潰れていた・・・
 
正直なところ、だれにも気兼ねをせずに休めたら最高なんです。
そのために、ベビーシッターにお願いして、夫婦でおでかけしてゆっくりしたっていいじゃないですか。
 
育児疲れや仕事との両立でキリキリしながら子育てするよりも、子どもにとって良い環境を整えてあげたい。
ひとりで留守番をさせるよりも、信頼できるシッターさんを見つけてお任せしたい。
子どもたちをたくさんの人に見守られながら育てたい。
夫婦でゆっくりとした時間を味わいたい。
 
夫婦だけで子育てをしている孤育て家庭にも、ベビーシッターは心強い味方になり得ます。
 
ベビーシッターは、単なる子守りではありません。
 
家族が笑顔で暮らすためのすばらしいサポーターなんだなって、いまは思っています。
 
登録はこちらからできます。
スマートシッター|家族が選べる安心のベビーシッター訪問保育サービス
 
・・・できることならね、ベビーシッターの利用料は確定申告時に控除できるようになると、もっともっと助かるんだけど(´・ω・`)
経費として認めてくれてもいいよ?(おい)


PAGE TOP