家具・家電・備品

冷蔵庫の買い替えで見ておきたい消費電力。10年以上前の消費電力はウソだらけだった!?

結婚と同時に購入した、2004年製、ナショナルの冷蔵庫。
当時にしては、エコっぽかった冷蔵庫です。
 
14101201.jpg
 
いまの冷蔵庫と比べると、ものすごく電気を食ってることが判明しました。
 
調べてみて、これほど驚いたことはありませんよ……。
 


カタログには省電力化がすすんで、電気代は70%オフとあるが!?

この表は、ある冷蔵庫のカタログに書かれていたものです。
 
14092604.jpg
 
10年前と比較すると、大容量化してるのに、省電力化してるってことが書いてありました。
似たような機種で比較したら、およそ69%の省電力になっとるそうで。
 
え!?ホントに!?と思って、わが家の冷蔵庫を見たのですが・・・
 
14101205.jpg
 
あれ???
容量は401Lなんだけど、消費電力は150kwh……??

 
どういうこと?
え?省電力・・・??
こ、これは企業側が堂々とウソついてるの!?
 
これは気になる!!ーーってことで詳しいところを調べてみましたよ。

10年前の冷蔵庫ってこんな感じ

一般社団法人日本電機工業会というホームページに家電の項目があるんですが、さらに冷蔵庫カテゴリーで、10年前の冷蔵庫の特徴が詳しく載ってました。
 
10年前の冷蔵庫と最新冷蔵庫の機能比較表
 
14101206.jpg
 
やはり、消費電力は10年前に比べて半分って書かれてますね!
そして、大容量化も進んだとみられる記述もあります。
 
これを考慮した上で先ほど載せたカタログをみると、約70%削減したというのは、当社比とか、当社類似機種と比較してってことなのかな? とも考えられますよね。
 
さて。
省電力になったのはわかったけど、でも、わが家の冷蔵庫はなぜ10年以上前のものなのに、いまと同じくらい消費電力が低いの??という疑問は、まだ解決できません。 

10年前から計測方法が変わっていた!

調べてみると、冷蔵庫の消費電力を計測する方法が大きく変わっていたということがわかりました。
これが、昔の冷蔵庫の消費電力が低く表記されているカラクリでした。
 
こちらに詳しくあります。
新旧JIS年間消費電力量一覧表
 
ざっくりとまとめますと、以下のような違いがあります。
 
・10年前
空っぽの冷蔵庫を25度という室温の中で動かして計測していた。
しかも、製氷とかもさせてません!
 
・いま
適度にモノを入れた状態で、室温は30度、開閉回数は10年前より10回/日増やした。
もちろん、氷も作らせてます!
 
この違い、大きいですよね(笑)
いまの計測方法は、普段使いに近い方法に変更したということですね。
 
ふむ……そうだとすると、では、実際に10年以上前の冷蔵庫の消費電力は、いったいいくらなのでしょう……。
 


10年前は、年間10,000円以上の電気代に!

今回購入した冷蔵庫は、パナソニック製です。
 

この冷蔵庫のスペックですが、426Lで消費電力は230kwhです。
 
ちょうどパナソニックのホームページにこんな記事がありました。
年間消費電力(電気代金)が知りたい
 
その中段あたりに、同じ製品で計測方法が変わったときの記載の違いが載ってて、かなり衝撃的。
掲載されてるのは、495Lの冷蔵庫での比較。
 
10年前は180kwhだった消費電力が、計測方法変更後は580~680kwhになる
 
かなり違う……!!
こんなに違うとは驚きますね。
 
わが家の古い冷蔵庫も、いまの計測方法ですと、きっと同じくらい消費電力があがってしまうと考えられますね。

冷蔵庫は10年前から省エネ性能があがっていた

冷蔵庫の消費電力の計測方法が異なっている
いまの計測方法は実際に使っている状態と近い

 
このような理由があったため、10年以上前に使っている冷蔵庫と、いまの冷蔵庫の消費電力を単純に比較できないということがわかりました。
 
比較するのであれば、いまの計測方法で計算し直す必要があります。
目安としては、10年以上前の冷蔵庫は、記載されている消費電力の3倍程度の数値になりそう、ということですね。
 
となると、わが家の古い冷蔵庫を計算し直すと、約540kwhくらい。
新しいものは230kwhなので、消費電力を50%近く減らせる可能性がある、ということがわかりました。
 
もちろん、電気代も、ですね!

冷蔵庫は、小型化すると消費電力がアップする!?

ちなみに、冷蔵庫を小さくすると消費電力も下がるのかな? と考えがちですが、実際には異なるようですね。
 
わが家の冷蔵庫は、このようにすっからかん(笑)
 
14101202.jpg
 
相変わらずです。
この状態をほぼ10年キープです。
 
そのため、もっと小さくしてもいいのかな?と、ダウンサイズを視野に商品を決めていこうと思ったのですが、よくよく店内の商品スペックを確認していくと、冷蔵庫は小型化すると消費電力があがるということがわかりました。
 
これは、電気にくわしいしんごつぁんは理解できるようですが、わたしにはサッパリです(苦笑)
 
まあ、むりに小さくせずとも、子どもたちの成長とともに、冷蔵庫も大きくなりそうなのも否めません。
 
また、最近の冷蔵庫はむかしに比べ、容量は大きくなったのに、技術の進歩でサイズ的には小さくなっているそう。
 
ということで、容量は少し大きめですが、冷蔵庫そのものは小さくなったのでした!

冷蔵庫の買い替え時期は消費電力もチェック

家電のエコ化って、じぶんが思っていたよりも進んでいてびっくりです。
また、単純にむかしと消費電力だけでは比較できないこともわかりましたね。
 
せっかくなので、買い換えるときは消費電力もチェックしつつ、納得のいく1台が見つけられるといいですね^^

冷蔵庫買い替え後の電気代はこちら

>> 冷蔵庫は消費電力が大きく改善!買い替え後の電気代はこんなに下がっていました

ブロガー
yumi(旧ゆみちん)
ブログ運営歴15年。 記事を書いたり、動画投稿したり、ゲームなんかをしながら生活しています。 得意分野*家計管理|片付け|ゲーム攻略動画の編集 保有資格*ファイナンシャルプランナー3級|整理収納アドバイザー1級
\ Follow me /