保険相談で生命保険を乗り換えて年間7,325円、トータル18万円以上の節約に成功しました!

2014年9月5日お金と家計管理・貯金, 保険の見直し・節約, 学資保険・医療・生命保険

保険相談をしたときのネタです。

で。今日の保険は、子どもたちの教育費用の生命保険の話です。
ちゅってもね、学資保険ではないですよ!

スポンサー リンク

教育費にはどう備える?

しんごつぁんにまんがいちがあったとき、教育費の心配も出てくるよね。
ゆみちん家、生活費部分の保険とは別で、教育費のみ用の生命保険を掛けています。
そうすると、ムダがないので。

イメージとしては、こんな感じ。

14090501.jpg

生活費の保障とは別に、教育費部分を上乗せしてる感じです。
ちゅうのも。

教育費は、子どもが大きくなれば不要になるものなので、生活費部分と合算しちゃうと、余計な部分も出てくるよね。

生活費は、しんごつぁんが年金支給されるまでの保障にしてても、教育費がかかるのはせいぜい20年くらいだし。

あとは、もし、高校卒業と同時に就職!とかなったり、ゆみちん社会復帰共働きで教育費がたっぷり準備できた!とかなったときにさ、保障がいらなくなったときは、教育費部分だけをスパッとやめられるじゃない?(´∀`)

ということを、以前、別のところで保険相談をしたときに言われたのね(おい)
ものすごく納得できたので、わが家ではこういう掛け方をしていこうと決めたわけで。

で、今回は、この教育費部分の生命保険(S生命とします。)の見直しをしてもらったの。
なんでかっていうと・・・

納得いってない生命保険だったから(;´∀`)

どういうところで納得いかなかったかっていうと、

まず、健康告知でひっかかった。

いや、持病があればあたりまえだろ!って聞こえてきたね(; ・`д・´)
そりゃそうなんだけど、このS生命を掛けたのと同じときに、この3倍近い保障額の、生活費部分の生命保険をH生命で掛けたのよ。
そのときも同じ健康告知をして、健康診断も受けたうえで、

まるっと入れちゃったのよ。なにもひっかからずに。

教育費のS生命のほうは、保障額が2年削減されたうえに、保険料が年間3,792円も上乗せになったの。
ようは、ペナルティね。
いやいや、なんか腑に落ちない。
でも、そのときは、まぁひっかかるもんはひっかかるから仕方ないねって思ってたんだよね。

健康告知でうそなんて絶対ついちゃだめですからね。
正直に書いてそれなら仕方ない、と。

でも、やっぱりひっかかってたので、今回の相談で見直してもらったら・・・

T生命に乗り換えることで、年間7,325円の節約になりました(´∀`)

1ヶ月610円の削減ですね。
微々たるものですが、掛け捨ての保険なので、捨てるお金が少なくなるのはうれしいものです(・´з`・)

S生命のときにひっかかった病気は完治し、通院もしていないので、T生命での健康告知にはひっかからず、完全にノータッチでOKでした。
よかったー!!(´・ω・`)
健康診断については、保障金額も低く、あらたに受ける必要はナシでOKでした。

保障内容はほぼいっしょですが、微妙に違います。
あたらしく加入したT生命の保険のイメージはこんな感じ。

14090502.jpg

逓減型なのは、S生命と同じです。
いちばんの違いだけど、あたらしく加入したT生命は、収入保障タイプ(月5万円ずつ受け取る)にもできるし、一括での受け取りも可能だということ。
また、月15万円の保障なら、10万円は月々もらうことにして、残り5万円分をまとめて一括で・・ってこともできるそう。

まんがいちが起きてしまったときの経済状況で判断できるので、柔軟に対応できそうだよね(´∀`)
意外と助かるかもしれない、これは。
ゆみちんの、父が亡くなったときの経験上(笑)

S生命とT生命比較表

S生命 T生命
契約時の年齢 32歳 36歳
保険期間 20年 18年
受取額 900万円から逓減 月5万円もしくは
936万円から逓減されたものを一括
保険料 25,095円/年
(内特別保険料3,792円)
17,770円/年
総支払額 501,900円 319,860円
その他 保証期間の残り5年間は
300万円が最低支払保障金額。

年間7,325円の節約・・・と言われると、たいしたことないなって思われるかもしれないですが、総支払額でみると、どう??

S生命:50万1,900円
T生命:31万9,860円

差額・・・18万2,040円

保険期間が2年違うのを考慮しても、18万円の差っておおきいよね。
しかもこれ、

掛け捨ての保険だからね((((;゚Д゚))))

もったいなさすぎるでしょ。
でも、もしもがあったときに、生命保険はしっかり備えてないと、大変なことになるよ・・・ふっふっふ・・・(どうしたおい!)

担当さんはおっしゃってました。

掛け捨ての保険ほどもったいないものはありません。
できれば貯蓄型の保険がいいのですが、保険料の負担が大きくなることもあります。
できるだけ、貯蓄ができたら、掛け捨ての保険はやめたほうがいいです。

ふむ(´・ω・`)
ほかの保険相談では言われなかったな、そんなこと。

変なひとだな、この人(笑)
不安をあおるだけあおって、保険たくさん掛けてもらえば手数料も入るだろうに(←それな)

担当さんのお話、タメになりました。
この担当さんは上のような考えだけど、それでも備えておいたほうがいいですよねっていうゆみちんたちの気持ちをしっかり受け止めてくれて、このT生命をすすめてくれたのよ。
掛け捨てでも、そこそこ優秀で使い勝手のいい保険なので・・・って。

保険に正解はないけど、良い保険とよろしくない保険はある。

まさに。
S生命は、健康告知も厳しい会社なんだと思います。
それが悪いってわけではありませんが・・・

じつは、このS生命。
もいっこ掛けてるんですよ。
それも、掛け捨てじゃないやつを((((;゚Д゚))))

本命はここ。
こいつ。
これはまた別記事でおいおい書いていきますが、結論から言うと、

元本割れたけど、さっさとやめてやるぜいっ!ってこと(; ・`д・´)

3万円くらい元本割れしちゃいました。
この保険に関しては、ほんといい勉強になったよ。
人生、うまくいくことばかりじゃないね、失敗だってあるね(´・ω・`)
ま。なんでもいい経験です。

お金のことですから、いつだって、どうにかして取り返せます。
そういう心づもりでいれば、お金のことを負担に感じることは少なくなりますよ、はい(´∀`)

話もどって。
保険相談もね、しがらみのある窓口があるんだなって知りました。
このあたりのことは詳しく書きませんが、知りたいかたはメッセージでもなんでもいただけたら答えられますので。
(ちゅっても、そんなたいしたことじゃないけど。)

それを踏まえたうえで。
やはり、FPひとりひとりが、もともとフリーとして活躍してる訪問型の保険相談は、アリだなって思いました。

それにしても、保険の見直しも、支払い総額で捉えたほうが、見直したときの節約効果が実感できていいね(´∀`)
将来にわたって、いくら掛ってるのか。

乗り換えた結果、総額でいくら節約できるのか。
そのあたりも見ると、おもしろくなるかもね♪


PAGE TOP