お金と家計管理・貯金

【医療保険】コープ共済の受け取り手続きから入金までは8日間でした。

気分も家もすっきりんこなゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
 
すっきりした理由は、明日以降に更新します。
とうとう、大物家具を断捨離しました(´∀`)ノ
さみしいような、すっきりしたような。
でもいまは、すっきり気分が勝ってます。
 
 
さて。
そろそろ家計簿の締め日なので、銀行にいってきました。
したらば・・・


 
 
 
次女のコープ共済の通知がきていました。
そして、入金されておりました(´∀`)
 
14053001.jpg
 
9日間の入院 × 日額6,000円 = 54,000円
 
21日に申請書を記入し、22日に投函、そして29日に入金。
ざざっと8日間ですが、共済側の手続き自体は、もっと短期間だったようです。
 
 
次女の共済は、まだ1年半分しか支払っていないうえに、
乳幼児医療費助成制度のおかげで、医療費自体は3,700円。
 
医療費の記事はこちら。
子どもの入院。実際にかかった金額はいくら?
 
 
こういうのを焼け太りっていうんだろうか(´・ω・`)
ちょっと違うか?
まぁ、どっちにせよ、ちゃんと入金されたので、安心しました(´∀`)
 
 
コープ共済の手続きはいたって簡単。
これは、ジュニア18コースだからなのかどうかは不明ですが。
でも、たぶん、共済は基本的に簡単なほうなんだと思います。
 
 
入院してすぐに、共済センターに電話して申請書を送付してもらいました。
次の日には届きました(゚∀゚)
 
14053004.jpg
 
 
病気のときって、思った以上に不安なので(しかも子どもだし。)、
こういう対応を素早くしていただけると、非常に安心できます。
精神的に。
 
 
そして、手続きに必要なものは、
 
・共済から送付された申請書類
・同意書(場合によっては病院へ問い合わせるよっていう同意書。)
・入院期間が記された領収書のコピー

 
14053002.jpg
 
の、3枚だけ。
診断書などは不要でした。
 
 
余談だけど。
 
しんごつぁんの看護休暇の取得のため、会社提出用に診断書が必要でした(´・ω・`)
そういえば、この 診断書の費用3,150円 のことをすっかり忘れておりました。
 
 
診断書の取得にはお金も手間もかかるので、
入院給付金の支払いに、診断書が不要だとちょっとありがたいな♪
・・・っていう豆知識がつきました(´∀`)
 
 
そのあたりも、つぎに保険の見直しをしたときはチェックしてみようかな。
(現在、保険の見直しのため動いてます。やっとこさ 笑。)
 
 
結局、医療費+入院で必要だった雑費+診断書で、
全部で、27,000円くらいで済んだので、共済金の半分は残せることになるわね。
ありがたいわね。
 
 
残った半分は、次女用の口座にいれておこうと思います(´・ω・`)
教育費の足しにってことでひとつ。
 
 
残りの半分は、入院付添いのために雑費としてお金がかかっているので、
そちらの補てんとさせてもらいますわ。
 
 
入院の影響で、5週間やりくりが破たんしたからね(゚∀゚)
 
 
おそろしくてまだ計算 したくない できてないです(´・ω・`)
 
 
それにしてもね、しんごつぁんが、
ほんとに全額(6,000円×9日分)払ってもらえるの~?
って、すっごく心配してたのよ。
 
 
やっぱり、乳幼児医療費助成制度のおかげで、
医療費自体は、ほとんどかからなかったからね。
かかったお金分しかもらえないんじゃないの?
・・・って思ったみたい。
 
 
それはね、損害保険の考え方なんだよね。
ざくっというと、実費補償なので、かかったお金分しかもらえない。
 
 
それとは違い、医療・生命保険などは、
実際にかかったお金がいくらであれ、決められた金額はきちんと支払われます。
条件を満たしていれば、ね。
 
 
その条件を満たしていればっていうのが最重要項目なので、
保険を契約するときは、すみずみまで&疑問に思うことはくまなくチェックして、
納得して加入しましょうね。
 
 
よくわからないまま流されて加入してはダメです。
納得いくまで、詳しいひとに相談すべし。
 
人気の保険マンモス

 
相談をうまく活用するには、
あなた自身も保険について、本を読んだりして勉強しておくのがベター。
 

 
ちゅうことで。
保険金の申請から受け取りまで by 共済編の報告でした(´∀`)

ブロガー
yumi(旧ゆみちん)
ブログ運営歴15年。 記事を書いたり、動画投稿したり、ゲームなんかをしながら生活しています。 得意分野*家計管理|片付け|ゲーム攻略動画の編集 保有資格*ファイナンシャルプランナー3級|整理収納アドバイザー1級
\ Follow me /