全力でぶつかった!子どもの心因性頻尿。頻尿の原因と経過、わが家の対策。

2014年4月16日病気・風邪の記録, 育児・家族のこと

時間にゆとりができつつあるゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
小学校生活、いいですね(´∀`)
いや、朝早くなったぶん、夜型のゆみちんにはきついんだけど、今週から給食もはじまり、学校の時間も長くなってきたので、少しずつ、ゆとりある時間がとれるようになってきましたね。
 
まぁ、朝はまだ送ってるけども(´・ω・`)
 
ちょっとめんどくさいって感じてますが(おい)、帰りはね、今週からおともだちと帰ってくるようになりました(´∀`)
ラクだわー。
次女とお昼寝してて、寝過ごしても大丈夫だしね(こら)
 
さて。
更新しようと思って先延ばししていた話。
そうです。
長女の心因性頻尿についてです。


スポンサー リンク

子どもの心因性頻尿の原因。

tilet
 
心因性の頻尿なんて、存在すら知らなかったゆみちん・・・(汗)
 
長女が実際になってしまうまでほんとに知らなかったんだけど、子どもの頻尿って結構よくある話みたい(´・ω・`)
 
ブログで告白したときもコメントいただいたし、ママ友に打ち明けたときも、あー、うちの子もなったよーなんて話も聞けて。
あ、結構身近にいるんだな~って思った次第です。
 
で、頻尿になったきっかけってなんだったのかっていうと、
 
おトイレを究極に我慢してしまったこと。
かつ、それに対して、ものすごく恐怖心を抱いてしまったこと。

 
なんですよね。
トイレを我慢してしまうことは、ままあると思うのだけど、長女の場合、究極に追い込まれてしまったというか・・・(´・ω・`)
ゆみちんも悪いというか、思慮がたらなかったんだけどね。
 
もらしてしまうんじゃないかっていう恐怖。
もらしたら怒られてしまうっていう恐怖。
トイレがない状況にたいする恐怖。

 
もー、いやだいやだこわいこわいってなっちゃったみたい(´・ω・`)
それ以来、自宅では平気でも、出先ではつねに、
 
ここはおトイレある??
おトイレがないところってあるの??
トイレがないとどこですればいいの??

 
・・・って、つねに質問攻め・・・。
そして、トイレを見かけると掛け込んでいくっていう状態で。
 
ネットで調べてみても、もちろん、小児科の先生もなんだけど、
 
とにかくほっておくこと。
心配し過ぎず、トイレには行きたいだけ行かせてあげる。
「また?」「我慢しなさい!」は禁句。

 
・・・てなことを言われたり見たりしたのね。
まぁ、責めたりしても意味がないっていうのはわかるんだけど。
 
だけど・・・だけどですよ・・・、実際、むずかしいですよ?スルーするの。 
 
ゆみちん、ウツワが小さいもんで、言葉では「行っていいよ!」と言ったり、トイレが近いことはなんとも思ってないよ、大丈夫だからねーっていう態度?をとってきたつもりなんだけど、それはやっぱり「つもり」であって、心の底からは思えてなかったんだと思います。
 
 
ものすごく、イライラしちゃってました(´・ω・`)
 
 
結局のところ、大丈夫だよ~なんて、じぶん自身が思えてなかったということですね。
さらに、3月は卒園式はあるは、入学準備もしなきゃならんわ、だけど、家族で体調不良の負のループにハマるわで、全然いいことなくって。
よくない状況でしたね、親子ともども。
 
それで、これではいかんと思ってたんだけど、ブログでのやりとりをきっかけに、ゆみちん腹をくくれたわけなんですよ。
↓ ↓ ↓
大丈夫!この言葉の強さをあらためて実感しました。
 


心因性頻尿の対策、わが家の場合。

長女は、おでかけ先にトイレがないんじゃないかっていう不安をもっている。
もらしたら怒られるっていう恐怖心ももってる。
そして、緊張から余計にトイレを意識してしまっている。
 
トイレをあまり意識しすぎるのもよくないってことだった。
ゆみちんは、長女の気持ちや考えてることをふまえたうえで・・・
 
あえて長女とトイレについて話し合ってみました(´∀`)
 
その話し合い、してよかった。
やっぱり、長女はガマンしたことが究極にトラウマとして残ってて。
その経験以来、トイレのことばっかり考えちゃって、行きたくなっちゃう、と。
 
そして、もらしたら困るし怒られちゃうだろうしって考えたら、またさらに行きたくなるんだ・・・
わたし、なんでトイレばっかり行くのかな?って言ってたのね。
 
ゆみちん、聞いてて涙でそうでしたよ。
半分は、我慢させる状況をつくってしまったじぶんの責任。
それをふまえて、ゆみちんが伝えたことっていうのは、
 
あなたの症状は「こころの問題でもある」ということ。
日本に住んでる限り、トイレはコンビニでもスーパーでも、本屋さんでも、公園でも、とにかく、どこにでもあるということ。
仕方なくもらしてしまっても、ぜったいに怒らないっていうこと。
トイレに行きたくなったら、好きなだけ行ったらいいっていうこと。

 
こんな感じのことを真剣に伝えてみました。
珍しく、長女も真剣に聞いてくれたし、伝え終わったあとは、少し安堵の表情もあったように記憶しています。
 
ほんとはね、ゆみちん自身が、心の底から覚悟ができてなかったんだよ。
大丈夫だよ!すきなだけいったらいいって、言えるほど余裕もなかったんだよね。
 
だけど、この日、ゆみちん自身も真剣に長女と向き合い、話し合ったことで覚悟が決まったんだと思う(´・ω・`)
心の底から、大丈夫だよ!好きなだけ行っておいで!って言ってあげられるようになったので、長女自身も、少しずつ変わっていきました。
子どもって、親のきもち、よくわかってんだなって感じましたよ。
 
とはいえね、気持ちはそれで戻るとしても、実際問題、おでかけのときの頻尿につきあってたら、正直、どこにも出かけられないんだよね(;´Д`) 
せっかくの春休みだったのに。
 
なので。
うちでとった対策は・・・
 
車のなかでトイレに行きたくなってしまったら、まずは、1回行ってみる。
でも、またすぐに行きたくなってしまったときは、
 
スマホでゲームしたり、DSをやったりして、気を紛らわせよう作戦で乗り切る!
 
・・・ってことをしました(;´∀`)
車の移動中のみですよ!
 
ふだんのわが家のルールは、ゲームは外でやらない。
ゲームの持ち出しは禁止です。
(6歳でゲームやってんの!?っていうツッコミはなしでお願いします 笑。)
 
それで、禁止しているゲームを持ち出してみることで、わくわくできるし夢中になるので、トイレのことを忘れるみたいで。
それで、少しずつ遠出ができるようになってきました(´・ω・`)
 
で。
 
これまた、遠出ができるようになることで、あ、なんだ、トイレ全然大丈夫じゃん(´∀`)って、長女も思えてきたみたいで、
 
自信もついて、出かけるたびに、少しずつトイレの回数も減っていきました!
 
減ったとはいえ、なんせ、我慢したきっかけが「車」だったから、車に乗るってことがスイッチにもなっちゃってるんだろうね(;´∀`)
やっぱりまだ少し頻尿傾向にあるので、車で長時間移動するときは、いまもゲームOKにしてたりしますけども。
 
これは、わが家の独自の対策なので、ほかの頻尿に悩まれてるお子さんに役立つ情報かはわからないですが、うちはこうして乗り切りましたっていう、お話でした(´∀`)
 
長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます♪


PAGE TOP