お金と家計管理・貯金

支出の出口を少なくしておけば、家計管理は楽なもの。帰省中でも困らないお金の管理。

咳が止まらないと思ったら、肺に炎症できてたゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
おおごとですね(笑)
幸いにも小さな炎症だったので、入院とかならずに済みましたが、熱もないし体もいたって元気だし、逆に食欲ありすぎて体重増えたくらいなので、全然大丈夫です!(そこ、いろいろ大丈夫なんか!?)
 
さて。
気づけば7月が終わってましたね(おいおい)
そして、以前、家計の支出を現金管理からクレジット払いメインにしたと書きました。
↓ ↓ ↓
クレジットカード払いメインの家計へシフト。レシート添付ノート+自作の集計用紙でお金を管理!
 
クレジットカードを利用してお金の出口を少なくしておくと、家計管理もらくなんだなと実感。
 


帰省中は家計簿がつけられないからこそ。

15081101

帰省中は、基本的に家計はほったらかしです。
いまはすべてクレジットカード払いにしていますので、現金を持ち出す必要もなくなりました。
現金というこまごま出て行く出口が「ほぼ1本化」されたので、管理自体もらくになったんです。
 
帰省するときは、しんごつぁんに5週間やりくりの予算からいくらか渡していましたが、今回はクレカ払いなのでそれも不要。
ゆみちん自身も、やりくり費用を現金で持ち出さなくて済んでいるので、非常にらくちんです。
 
現金が必要になったら、予備費から拝借しております。
 
いまのお金の出口はこんな感じ。

口座引き落とし:月1回振り分け
住宅ローン+管理費等
習い事
小学校の費用
水道代
 
ここは、住信SBIネット銀行定額自動入金&振込サービスもフル活用して手間なく振り分けてます。
このサービスは非常に楽です!便利です!
 
>>住信SBIネット銀行のスマホサイトはこちら。
 
クレジットカード払い:月1回引き落とし
食費、生活費、雑費
電気、ガス
スマホ、プロバイダ料等
生命保険、医療保険(年1回)
ガソリン代、定期代
その他クレジット払いがいけるものすべて
 
請求が確定したら、食費や雑費は5週間やりくり分から資金を移動させるだけ。
ほかはそれぞれ目的別に積み立てているものから振り分け。
とてもらくになりました。
もちろん、まとめてくるのでびっくりな金額になってるときもありますけど(笑)
 
その他現金:2万円くらい。
医療費、予備費、レジャー費
しんごつぁんの散髪代
 
あまり持ちません。
使い切ることもないので、この項目は細かくわけずにざっくり使ってます。
 
クレジット払いにしてお金の出口を1つにまとめてしまうことで、資金移動させればいいだけというのが、手間がなくて良いなと感じています。
帰省中にお給料日がきてしまっても、ネットバンクメインなので、ネット上でぽちぽちっと移動させればOK。
 
また、1日はじまりの家計にしたことで、25日のATM行列に並ぶこともなくなったので、とてもスムーズです。
↓ ↓ ↓
給料日が1日以外のひとが、1日から家計簿をはじめる方法。
 
メリットの多いクレカ一元管理ですが、デメリットは・・・???
 

使った感じがまったくない!

お金を使っているという感覚が持てないので、使いすぎには要注意です(笑)
レシートはもらうようにしているのですが、束をみてギョッとすることもあり( ;´Д`)
 
あれ???
いつの間にこんなに買い物したんだろう?って(汗)
 
でも、基本的には必要なものしか買っていないので、そもそも心配の必要がないんだけど、なにか無駄遣いしたかしら!?と、元浪費家のゆみちんは、ギョッとしちゃいました。
 
まぁ、ついつい使いすぎてしまう・・・なんてことは、よく言われていることです。
ですので、まずは、家計が健全化されていない状態で使うのはよろしくないですね。
 
また、ごちゃまぜ管理も混乱のモト
普段は現金管理なんだけど、いまは手持ちがないからクレジット払いにしておこう・・・なんてことをしていると、手元に現金も残らないですし、あとから請求がきてしまうので、こういう管理の仕方もよろしくないです。
リボ払いのはじまりですね。
 
どうせ払うなら、光熱費やスマホ料金といった固定費は別として、生活費でクレジットカードを利用するなら、現金かクレジット払いか、どちらかにまとめておいたほうがいいと思います。
 
現金管理派なら、手持ちのお金が足りなくなったら、予備費や貯金からおろして使うようにすること、ですね。
 
また、クレジットカードの明細をみていると、なにに使ったかまではわかりません。
たとえば、イオンで買い物をすると、すべてイオンで請求がきますよね。
イオンで食費を使ったのか、被服費を使ったのかがわからない。
ゆみちんは、そこがすっきりしないと気が済まないので、レシートの管理はノートに貼り付けて保管しています。
 


目的別貯金 × クレカ払いのコンビは最強!

今後、クレジットカードに支出をまとめるのなら、目的別貯金をすることをおすすめします!
 
たとえば、家電買い替え費用や被服費など。
あとは食費用でもいいですし、生命保険の年払い用積み立てもいいですね。
↓ ↓ ↓
うちの目的別貯金の内訳を解説します!
 
この目的別積み立てをして、現金を事前に取り分けておくことで、クレジットカード払いにしっかりと対応していけます。
 
クレジットカードで8月分の食費が4万円きたら、「食費」項目から4万円振り分ける。
生命保険の請求がきたら、生命保険から振り分ける。
 
そうすることで、使途不明金を減らすこともできますし、クレジットカードの請求にあわてることもなくなります。
 
これまでは現金派だったゆみちんですが、いまはクレジットカードでもやっていけることがわかりました。
すんごい進歩(笑)
 
クレジットカードは、うまく使えば家計管理の時短にもなって、とっても便利。
使うときは、お金そのものの管理も工夫して、クレジットカードで失敗しないようにしたいものですね!

ブロガー
yumi(旧ゆみちん)
ブログ運営歴15年。 記事を書いたり、動画投稿したり、ゲームなんかをしながら生活しています。 得意分野*家計管理|片付け|ゲーム攻略動画の編集 保有資格*ファイナンシャルプランナー3級|整理収納アドバイザー1級
\ Follow me /