個人事業主のお話

ブロガーという仕事に就いて。好きなことだけして生きていくって、こういうこと?

ブロガーのゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
なんで急にブロガーなんて名乗ったのかというと。
いまなにやってるの?って聞かれて、なんて答えていいかわからなかったんです(笑)
 
Webライター?と言えるほどライターの仕事はしてないですし。
アフィリエイター?かというと、ちょっと違う。
 
だったらなんなのよって考えてたら、
 
ブロガーやってますっていうのがいちばんしっくりくる。
 
開業届けには、文筆業やWebコンテンツ作成とか書きました。
しかし、ひと言でいえば、職業:ブロガーです。
ということで、そう名乗らせてください(笑)
 
さて。
なんでそんな話になったかというと、先日、以前勤めていた印刷会社の元・同僚とランチをしてきました。
みんなお母さんになっていました。
 
子を持つ母になると、どうしても切り離せなくなる「女性としての働き方」。
これからどうするんだよ!って、悩みどころですよね。
 


印刷会社の現実。激務でも、おもしろいんです。

デザイナーやDTPオペレーターは激務です。
クライアントの都合や印刷工程によっては、深夜にまで仕事がおよぶこともあります。
(もう、あんなに残業なんてできないな。笑)
 
話を聞いていると、子育てしながら仕事を続けることができず、会社を辞めていく人ばかりだとか。
勤まらないですよね、深夜までなんて。
ましてや実家のサポートがないと、とてもやりきれるものじゃありません。
 
ただ、仕事はすんごくおもしろいんですよ。
クリエイティブなものですし、紙面といってもモノ作り。
なにもかもがおもしろい。
 
というか、おもしろかった(過去形)です(笑)
きっと、会社を辞めたひとたちも、仕事(業務内容)そのものは好きだったはず。
(あ、企画部はどうなのかなぁ? 転職組が多いから違うのかもね。笑)
 
ゆみちんがこれまでやってきたどの仕事も、大好きなものばかりでした。
 
いまは、文章を書く仕事をしています。
ブロガーですがライターもかじらせてもらいましたし、コラムも書かせてもらってます。
電子書籍まで出版できました。
このブロガーという仕事も、大好きです。
 

好きなことだけして生きて行く!?

15080701
「好きなこと」だけして生きていく。
心屋 仁之助(著)
 
いやー、気になるタイトルの本ですよね(笑)
ざわざわしちゃいますよね!
 
これ、ラクして暮らそうって言ってる本じゃないので、読んでみると、へぇ〜、なるほどね!と思うことがたくさん詰まってました。
 
だらだらして、やりたいことだけやって、迷惑な生き方だよ!!そんな人生だめ!できるわけがない!!
っていう見方をするんじゃなく、ちょっと見方・思考を変えてみようかなって思わせてくれる本です。
 
話戻りますが。
 
デザイナー職が好きなら、会社という場所にいなくてもいいんじゃないかと思うんです。
そして、会社側もデザイナーという職業の人間を多数抱え込まなくても、いいんじゃないでしょうか。
 
もちろん、下積みは必要です。
いっぱしのデザイナーになるまでは、勉強する必要もあります。
でも、仕事がこなせるようになったら、もう外注でいいんじゃない??
 
会社側としてみても、人件費、さがりますよね(笑)
仕事がないときまで出社してもらう必要もなくなりますし!(これ、意外とお互い苦痛でしょ?)
 
独立しても、会社とのつながりがあれば、そこそこの収入になります。
実際、話を聞いたら、ある元社員さんが独立してかなりうまくいってるって話も聞けましたし。
そういう話を聞くと、夢も持てますよね!
 
だったら、子育て中の女性だからこそ、外注の在宅デザイナーとして活躍するのもありなんじゃないかなって。
 
まぁ、独立すると、開業届けとか青色申告とか、国保とか国民年金とか、正直、事務系?税務系?はめんどくさいですけども(笑)
 
でも大丈夫。
複式簿記がわからなくても、いまは、MFクラウドという会計ソフトがありますから!
ブロ友のコミィさんに教えてもらったこれ、めっちゃいいですよ!
 
あとは、じぶんの仕事に、さらに責任と愛着を持つことができます。
また、すべてがじぶんにのしかかってきます。
生活だけじゃなく、信頼も、なにもかもすべて。
いい意味でも悪い意味でも、緊張感はハンパないです。
 
だけど、自由です。
じぶんで労働時間も決められます。

 
これはもう、心屋さん風にいえば「いっしょに受け取らないといけないもの」なんじゃないですかね。
 
あとね、田舎の企業だからこそ、あったかいんですよ。
その気になれば、出戻り就職もありだったりします。
 
子育てが終わったら、また正社員として働くのもあり?
そういうシステムを会社側で作るのもあり?(笑)

 
育児中は、ダウンシフトして外注業務。
でも、外注としてデザイナーの実績は積めるので、育児がひと段落ついたあとの正社員復帰もしやすい。
 
育児中世帯からすると、メリットは大きいんじゃないでしょうか。
 
いろんな働き方があると、じぶんで考えていろんなビジネス展開もできますし、スモールビジネスをやってるひと同士で、また新たな事業ができますし。
 


働き方を考えよう。

いままでやってきたどの仕事も全部大好きだったので、「がんばらない」で仕事をしてきました。
心屋さんの本には、そういうことが書いてあります。
 
がんばらなくても、仕事が好きだからがんばっているという意識がない。
だから、好きなことだけやって生きている。

 
ゆみちんの場合はねー、料理のほうが「がんばってる感」が強いですねー。
毎日「がんばって」料理しています。
だから、いつまでたっても好きになれません(おい)
 
そんな感じです。
 
働き方、もっともっと、自由にしてもいいんじゃないでしょうか。
また、じぶんで自由になるのもありなんじゃないでしょうか。
 
開業して、これまでいた会社と「取引」するのもいいですよ。
もちろん、嫌いな会社なら取引しないでいいんですし(笑)
 
節税のために青色申告したり、領収書の管理や売り上げの分析、アクセス解析やらなんやらと、やってることも多いけど、それすらもじぶんの仕事だと思えばたのしいです。
 
「好きなこと」だけして生きていく。に書かれているのは、夢のような話でもなんでもなく、ものすごく現実的なことが書いてあるんだと思います。
 
「好き」なことだけを選んでいけば、人生は充実します。
じぶんの働き方も考えてみよう!
 

ブロガー
yumi(旧ゆみちん)
ブログ運営歴15年。 記事を書いたり、動画投稿したり、ゲームなんかをしながら生活しています。 得意分野*家計管理|片付け|ゲーム攻略動画の編集 保有資格*ファイナンシャルプランナー3級|整理収納アドバイザー1級
\ Follow me /