電話de詐欺は身近です。うちの祖母(82)が振り込め詐欺を黙らせた方法とは。

暮らし・ライフスタイル

千葉県の命名に乗っかったゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
これです、これ。

<特殊詐欺>撲滅へ 千葉県警の新名称は「電話de詐欺」
千葉県警は1日、特殊詐欺に代わる新名称が「電話de詐欺」に決まったと発表した。多様化するだましの手口に警鐘を鳴らし、詐欺被害撲滅のきっかけになればと名称を公募していた。被害拡大防止のキャンペーンなどで活用する。
Yahoo!ニュースより。

 
小学6年生が考えたようですが、わかりやすいネーミングですよね。
電話で詐欺だってすぐわかるので!
 
ちなみに、電話de詐欺、いわゆる振り込め詐欺や特殊詐欺って、とっても身近な犯罪なんですよ。
 
ゆみちんとゆみちんの祖母(82歳)にも、降りかかってきました。
でも、冷静に判断することで、詐欺にあわずに済みました。
 


スポンサーリンク

少額振り込め詐欺。

15070302

ゆみちんの話です。
長女妊娠中で、もうすぐ生まれようかっていう時期に、その電話はかかってきました。
 
詐欺師
「⚪︎⚪︎さんのお電話でよろしいですか?
わたくし、⚪︎⚪︎会社のものですが、Webサイト利用料金3,000円が未納となっています。
本来なら違約金含め数万円が発生しますが、いま振り込んでいただければ3,000円で大丈夫です。
いますぐ振り込んでいただけますか?」
 
ゆみちん
「え?いますぐですか?
すみません、もうすぐ銀行もしまってしまいますし、現在臨月でそんなに簡単に動けません。
もしそれが本当なら、請求書を送っていただけませんか?」
 
詐欺師
「・・・えー・・と、では、後日⚪︎⚪︎銀行⚪︎⚪︎支店のXXXXXXに振り込んでください。」
 
なんと、詐欺師は律儀に口座番号を教えてきました!
新人さんだったんでしょうか(笑)
 
教えていただいた口座番号は、メールによる情報提供で警察に通報しました。
 


祖母がかかってきた保証金詐欺。

15080301

いま話題の保証金詐欺です。

融資保証金詐欺とは、資金繰りに窮した個人や中小企業者に対し、融資する意思がないのにもかかわらず、はがきやダイレクトメール、ファックスなどに「誰でも融資」「簡単審査」「担保不要」などと記載して融資を誘い、融資を申し込んできた者に対し、
「保証金が必要です」「信用実績が必要です」
等と口実をつけ、現金を口座に振り込ませるなどして騙しとる手口です。
警察庁ホームページより。

 
なんと、5回も6回も繰り返しかけてきたそう。
適当にあしらっていたのですが、あまりにもしつこい電話にうんざりしていたうちの祖母。
 
ある日、女性が同じ電話をかけてきたそうなので、これはチャンスと思い、こう答えました。
 
祖母
「あんた、まえも何回もかけてきた人と同じ会社の人じゃろ。
ここに住んじょったばあさまは、認知症になってもう入院してここにおらんから、電話かけてきても出られんで。
 
詐欺をだまそうとするうちの祖母(´・ω・`)
 
どうかと思うが、これがうちの祖母なんです。
肝っ玉が据わった82歳。
これで、詐欺電話はぴたりとやんだそうです(笑)
 
警察に通報まではしなかったようですが、詐欺に巻き込まれなくてホッとひと安心。
 

騙されないと思っているひとほど注意しよう。

じぶんは騙されない。
と、思っているひとほど、だまされやすいのかもしれません。
 
ゆみちんは、だまされないと思っていましたが、詐欺メールや詐欺電話を受けて、うっかり信じてしまいそうになりました。
この件以来、じぶんはだまされることはないと思うことはなくなりました。
 
そして、
 
すぐにだれかに相談するようにしよう!と決めました。
 
しんごつぁんには、なんでも相談するようにしています。
あとは友人。実家の家族、ですね。
 
うちのお隣さんも、詐欺電話、かかってきたそうです。
電話de詐欺などの特殊詐欺は、決して遠い世界の話ではないんですね。
 
なにかあったらすぐ相談。
これを合言葉に、犯罪に巻き込まれないように、気をつけていきたいものですね!
 

スポンサーリンク

フォローする

Posted by ゆみちん