インテリア・DIY・ハンドメイド

【ハンドメイド】母のチカラに助けられている子ども服。

コーヒー飲みながらお茶漬け食べとるゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
 
夜中なのに、腹が減り。
コーヒー飲んでごまかそうとしたけど、もう無理。
お茶漬け♪お茶漬け(゚∀゚)
うまし!
 
 
さて。
ESSE10月号に取り上げていただいたとき、
子ども服を作ってもらって、被服費を浮かせてる的なことを載せていただきました。
今日は、ひさびさ、お京さんの洋服です。


 
 
 
長女の洋服
 
13110603.jpg
 
デニム調ダンガリーのジャケット風な上着。
花柄ガーリーな長袖ブラウス。
 
13110604.jpg
 
これからの時期にぴったりに作ってくれた。
同じ布のヒラヒラスカート風キャロットパンツ
 
13110605.jpg
 
スカートかと思わせといての、パンツ。
たださ、足を出すところが広すぎて、
 
 
長女、1つの穴から、両足出してた(゚∀゚)
 
 
スカートのヒラヒラが、やたら偏ってたからめくってみてみたら、ですよ。
すごく吹いた(笑)
 
 
次女の洋服
 
13110601.jpg
 
花柄と綿麻のフリフリワンピース
セットの上着もあります。
 
13110602.jpg
 
だけど、次女、おもったよりチビなもんで、まだブカブカ(´・ω・`)
長袖シャツも作ってくれてた。
これは、同じ生地のモンキーパンツもある。
 
13110606.jpg
 
ボタンの色もかわゆいでしょ?(´∀`)
手持ちのボタンをつけたらしい。
 
 
そうなのよ。
この洋服たちの生地、ゆみちんが長いことあたためてた・・・というか、
タンスの肥やし状態だった布や生地で作ってもらったのん。
夏休みに帰るときに、持って帰った布ね。
帰省まえのひと断捨離をしながら、実家で読む本を購入。
 
 
作れないなら買うなって気もするけど、当時は作る気まんまんだったのよ。
こんなゆみちんでも、洋服つくったりしてたのよ。
でも、次女出産とともに、そんな時間もなくなり・・・。
 
 
かなり大きな布だったから、まだ余ってると思うけど、
これ、助かるわ、ほんと。
布とか捨てられないからね(´・ω・`)
 
 
母に布を渡すだけで、こんな洋服になって帰ってきてくれます。
ありがたい限りです。
 
 
おかげさまで、ゆみちん、
 
 
子ども服は数えるくらいしかじぶんで買ってないです(´∀`)
 
 
ほとんど、お京さんのハンドメイドか、友人から譲ってもらったものばかり。
1~2歳くらいのときは、それでも買ってたと思うのですが、
もう、もらえるものを使わないでそのままってのは、
もったいなさすぎると気付いてから、ほんとに買わなくなっちゃった。
 
 
買わないんだけど、
 
 
子ども服、うちにあふれてますが、なぜでしょう(´・ω・`)
 
 
正直、じぶんで買ったものだと、不要になれば気楽に処分できるんだけど、
もらいものとかって、なっかなかできないんだよね。
使いきれないほどもらうなって思うかもしれないけど、
地元の友人は、容赦ないというか、遠慮がないというか、
だからこそ友人で付き合えてるんだけど、
 
 
送りすぎってくらい、送ってくれたからね。
 
 
なんつーか、受け取るしかないよね。
わざわざ荷物梱包して送ってくれるんだもの。
そして、それでも詰め込めなかった分は、
 
 
わざわざ実家に届けてくれるんだもの(´・ω・`)
 
 
まぁ、ありがたいんだけど、ほどほどの量にしてください。
姪っ子にもおすそわけしても、まだあるし。
 
 
おかげで、実家も洋服だらけ。
実家は、それでなくても、
お京さんが洋服をウエスにするっていって溜めこんでますから、
そらもうウエス何万年分になるんやろってくらい、大量にあるわけで。
たぶん、洋服処分しただけで、半分以上モノがなくなると思う。
 
 
ま、まぁ、そんなお京さんに布を渡すゆみちんもどうかと思いつつ、
でも、こんな素敵な洋服になって帰ってきてくれるなら、いいよね(´∀`)
 
 
さすがに、小学校に入ったら、注文つけられそうだね。
あれがいい、これがいいっつって。
ゆみちんのように、若干無頓着気味であってほしいのですが(´・ω・`)
 
 
ゆみちん、小学校時代、つねにジャージでしたから(´∀`)
 
 
いやいや、ジャージが流行ってたんだけどね。
超・地域限定で。
ほんとだよ!?(# ゚Д゚)

ブロガー
yumi(旧ゆみちん)
ブログ運営歴15年。 記事を書いたり、動画投稿したり、ゲームなんかをしながら生活しています。 得意分野*家計管理|片付け|ゲーム攻略動画の編集 保有資格*ファイナンシャルプランナー3級|整理収納アドバイザー1級
\ Follow me /