生協を脱退。共済付帯の個人賠償責任保険はセゾンカード付帯に変更。

2015年5月28日保険の見直し・節約, 学資保険・医療・生命保険, 銀行口座・クレカ・ポイント

8年間加入していた生協を脱退することにしました。
そこで、脱退してなにがいちばん困るかって、
 
加入していた共済にオプションでつけていた、個人賠償責任保険をどうするか。
 
っていうこと。
個人賠償責任保険、結構重要ですよ。

スポンサー リンク

個人賠償責任保険は加入しといてソンはなし!

子どもが大きくなってくると、お世話になることもあるかと思います。

個人賠償責任保険ってなに?
個人またはその家族が、日常生活で誤って他人にケガをさせたり他人の物を壊したりして、損害賠償金や弁護士費用などを負担した場合の損害を補償する保険です。

個人の「住宅の管理」または「日常生活」に起因して、国内外(注)で発生した「法律上の損害賠償責任」を負担することによって被る損害を補償する保険です。単独で契約することもできますが、火災保険や傷害保険、自動車保険などの特約として契約する場合が多くなっています

被保険者は「生計を共にする同居の親族」となっています。したがって、世帯主が契約すれば子供が起こした事故も補償されます。
日本損害保険協会ホームページより引用。

そう、火災保険や自動車保険などの特約でも加入することができます。
1口加入しておけば、家族全員被保険者となれるので、加入しといてソンはなし。

ちなみに、生協の共済付帯のものは月額170円ととっても安いですよ!
学校のガラスを割った!とかでも保険おりますし、迅速に対応していただけます。

セゾンカードに付帯していた!

15052701

生協から脱退すると、共済も必然的に解約しなければいけないので、他で個人賠償責任保険を探さなければいけません。
加入している保険やクレジットカードのパンフレットをみていると、

セゾンカードに月額300円でありました(´∀`)

セゾンカードのオプションサービスで、Super Value Plusという名前だそう。

いくつかオプションサービスがあるのですが、個人賠償責任保険は、ご迷惑安心プランというものだそうです。

わが家のセゾンカードは2枚。

・MUJIカード
・JMBローソンPontaカード

ここに文章

どちらか一方で契約すればOK。

契約の手順

電話で資料請求。
からの、書類で申し込み。
書類も住所や氏名等の必要事項と、オプション欄にチェックをいれるだけ!

いたって簡単(´∀`)
これで、ひと安心です。

お子さんが生まれたら、ぜひつけておきたい個人賠償責任保険。
お友達のお宅で、モノを落として壊しちゃった!!とかもじゅうぶんあり得ますからね(´・ω・`)

テレビとか高額なものだと大変だわ。
元気が良いお友達なら、ないともいえん。

保障限度額も1億円ほどありますし、弁護士の電話相談も無料で利用できたりね。
保険料のわりに、メリットのほうが大きい保険だと思います。

ちなみに。
うちの妹弟は、学校の窓ガラスをあやまって割ってしまったときに、この保険にお世話になりました(;´∀`)
学校のガラス、超高いですよー。

ついでにちょっと頼んでみた。

セゾンに電話したときに、他の保険の話も出たそうなので、収入保障保険のパンフレットを同封していただきました。
(うん、しんごつぁんが電話したんだけどね。わが家の電話担当です。笑)

15052702

同封されてたのが、
・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
・チューリッヒ収入保障保険プレミアム

この2つでした。
なんで収入保障保険のパンフレットを頼んだのかって、

団信代わりに使えるものがないか探してるから(゚∀゚)

はい、まだあきらめてませんよ(笑)

★関連リンク
フラット35で任意加入する団体信用生命保険は収入保障保険でイケるのか?
住宅ローンの借り換え。借り換え後のメリットと団信の見直し。

ひまわり生命は、すでに加入済み。
わが家でいちばん大きな保障用に使っています。

ひまわり生命は、人気の生命保険で、保険料も安いですしかなりおすすめです。
家計管理関連のブロ友さんも、この保険を利用されてる方は多いですね(´∀`)

チューリッヒの保険は、初ですね。
これはどうやら対面じゃなくても加入ができるらしいのですよ。
中身をみて検討したいと思います。

ほかにも収入保障保険はありますので、比較検討ですね。
ひまわり生命がどうにかイジれたらいちばんラクなんだけどね!
(5年ごとに保険料安くなるので。)

保険を学ぼう。

収入保障保険というものがある、とか、この会社にこんな保険がある、という知識を無料保険相談で得ました。
保険相談でいろいろ教えていただいたり、保険の仕組みなどを知ってから、じぶんでも勉強できるようになったんです。

保険って、わかりづらいですよね。
約款もいっぱいありますし、そもそも細かい部分まで知識がないと理解が追いつかない(;´∀`)

保険なんていらないとか、そういう判断だって、保険を勉強しなきゃじぶんで判断できないですもん。
だからこそ、

じぶんで調べて、じぶんで考える。

そういうクセをつけたうえで、さらに、現場に立って活躍している人、たくさんの家庭で相談に乗ってきている人から話が聞ける機会があるなら、これからも利用したい。

じぶんや家族の保障だからこそ、しっかり決めていきたいものですね!


PAGE TOP