お家のこと

住宅購入で固定金利35年ローンはリスクかどうか。

インテリアをどうするか考えてると、頭がごちゃごちゃになるゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
 
子ども部屋の模様替えはしばし見送り。
しんごつぁん、体調不良でダウンです^^;
 
 
ということでね、次女はお昼寝、長女はひとり遊び中ということで、
ブログを更新しようと思います。
中古マンションシリーズです(。-∀-)
 
 
実際に家を購入してみないと、リアルなことはわかりません。
でも、購入するまえに、プランを練る必要はあるわけで。
 
 
ゆみちん家、
 
 
中古マンションを35年ローンで購入しました。
 
 
35年ローンって長いよね^^;
金額は、1,200万円弱で35年ローンだからね。
なんで、その金額で35年ローンなの?って思われるかもね(;・∀・) 
 
 
でも、とくにそれがリスクとは思っていないのよ( ´艸`)
 
 
え?
35年ローンってリスクじゃないの!?って感じるよね(笑)
 
 
普通、短期間でいっきに返したほうが、
余計な金利も取られないし、いいんじゃないの?
って。
 
 
でもそれって、、、


正直、
 
 
金利がある程度高いときの一般常識じゃないか、と感じたのん。
 
 
もちろん、早く返していけることに越したことはないです。
夫婦共働きだったら、1,200万円くらいなら、10年くらいで返済できるし。
早く返せるなら、返したほうがいいのは返済総額から考えてもそうです。
 
 

にほんブログ村 トラコミュ 住宅ローンへ
住宅ローン

 
 
ただね、いまはとっても低金利な時代じゃないですか。
(これからはわかりませんが、そんなに早々5%とか8%の時代にはならないと思ってる。)
そして、
35年でローンが組めるってのは、時間が味方してくれてる
とも思ってる。
 
 
う~~ん、これって商売人?自営業的な金銭感覚かもしれないけども、
 
 
長期間、低金利で借りられたんだったら、
その恩恵を100%受けてもいいんじゃないの?

 
 
っていうね(^_^;)
 
 
だから、低金利っていうメリットを最大限活用するため、
変動金利よりも高い金利にはなるけども、
 
 
フラット35Sで全期間固定金利で借入れました。
フラット35についてはこちら
 
 
全期間固定だから、じぶんの総支払額は借入時点でハッキリわかってるよね。
だから、人生プランと住宅ローンのプランをあわせて考えていきやすい。
 
10年間の金利優遇期間が終わるころに、1回繰り上げ返済しといて~、
そっから2馬力の収入が得られるように、ゆみちんが社会復帰して~、的な?
人生プランも立てやすいよね(*´∀`*)
 
 
そう考えるようになったのはね、昔を知ってたから。
 
 
両親が住宅ローンの返済で、大変な思いをしていたのん。
 
 
自営業だったのもあり、
当時8%の金利で3,500万円を借入れ、20年ローンという支払いだった。
もうね、想像を絶する金額です・・・_| ̄|○
 
 
ゆみちん家は、手取り年収400万円台のサラリーマン家庭ですから、
こんな住宅ローンを組まなきゃいけないのなら、家は無理だね・・・。
 
 
上にも書いたように、これから景気がよくなるからって、
早々に長期金利がぐわーっと昔の8%台とかまでなるか?というと、
う~~~ん、それはないんじゃないの??って思ってる。
 
 
ただ。
 
 
ないんじゃないの?とは思いつつも、
もし、それが早く達成されることになったら・・・??
変動金利での住宅ローンは、一気に「リスク値」が上昇しちゃうので、
それは避けたかった。
 
 
だから、低金利で借りられるなら、全期間それでよろぴこ、的な(´・ω・`)
 
 
それに、35年で貸してくれないとき(年齢とか職業とかね)もあるなかで、
35年で借りられた。
 
 
1,200万円を35年で返済すればいい、という精神的余裕。
 
 
ゆみちんは、そう感じております^^
変動金利より少し高くはなるけど、確実に返済できる方法を選んだのん。
 
 
もちろん、だからこそ、1,200万円の中古、なんだけどね。
その辺はまた後々・・・(またか!?)
 
家の購入が気になってるなら、想像してみたらいいですよ。
じぶんがどこまでリスクを許容できるか?って。
 
 
たとえば・・・
 
 
・2,000万円を10年固定で、10年間で返済。
・2,000万円を10年固定、10年変動で、20年で返済。
・2,000万円を10年固定、その後変動で、35年で返済。
・2,000万円を35年固定で、35年で返済。
 
 
いろいろシミュレーションしてみるといいよ。
ネット上には、金利計算できるサイトもたくさんあるからググってみてね!
 
 
事前にいろいろ調べておけば、
金利の変動や返済年数のメリットとデメリットを
じぶんたちの収入や人生プランを考えながら、
どの価格帯の住宅なら購入しても無理がないかっていう、
 
 
落としどころが見つけられると思う。
 
 
無理やりフルにローン組んで失敗しないためにも、
しっかりとシミュレーションしてみてね(*´∀`*)
 
 
たぶん、家を購入して失敗したーって思うことって、
家自体のチョイスじゃなくって、
住宅ローンの組み方に問題があった家庭が多いんじゃないかな?と思う。
 
 
不動産屋は、買ってもらってナンボの商売です。
銀行は、金を貸してナンボの商売です。
 
 
たくさんいろいろあまーい言葉も言われると思うけど、
それは商売だからね。
それを忘れたらいけまへんでぇ(。-∀-)(最後、どんな締めやねん。)

ブロガー
yumi(旧ゆみちん)
ブログ運営歴15年。 記事を書いたり、動画投稿したり、ゲームなんかをしながら生活しています。 得意分野*家計管理|片付け|ゲーム攻略動画の編集 保有資格*ファイナンシャルプランナー3級|整理収納アドバイザー1級
\ Follow me /