保険の見直し・節約

自動車保険の更新時期です。SBI損保からイー・デザイン損保へ乗り換え。

やることありすぎて、片付けに逃避したゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
 
おかげで部屋が片付きました。
(いや、やることやりんちゃい。)
 
 
さて。
この時期、わが家は自動車保険の更新時期です。
 
安心
 
自動車保険も、代理店型とダイレクト型(ネット通販)とあり、どこがいいのか迷うもんです。
いろいろありますもんね。
 
今年は、数年ぶりに乗り換えました! 
 



 

自動車保険、乗り換えの歴史。

結婚当時から、ずっとダイレクト型の自動車保険を利用してます。
代理店に比べ、価格がずーっと安いです。
 
ただ、デメリットがあって、事故時には、じぶん自身が保険会社とやりとりをしなきゃいけないっていうのがあったりします。
(示談交渉とは違います。)
安いからというわけではなく、通販型の特徴だと思います。(いや、安い要因にはなってるのか。)
 
それを知ったうえで契約してるというわけですね。
 

SBI損保からイーデザイン損保へ。

いつも、ダイレクト型からダイレクト型への乗り換え。
 
いちばん最初のダイレクト型保険は三井ダイレクトを利用していました。
その後、SBI損保ができてから価格面でそちらに乗り換え。
 
今回は、東京海上グループのイー・デザイン損保に乗り換えました。
 
乗り換えた理由は、保障内容はまったく変わりないです。
価格面では、イーデザインのほうが若干あがります。
 
それでも20等級で事故なしなので、最大の割引率になって29,000円/年です。
SBI損保だと27,000円/年でした。
 
最終的に、保障内容以外のサービスを比較した結果、乗り換えとなりました。
 

指定修理工場以外までのレッカー移動

SBI損保:50kmまで無料
イーデザイン損保:60kmまで無料

 
10kmの差ですが、イー・デザインのほうが長いっ!
ちなみに、どちらも、指定修理工場までのレッカーは、何キロでも無料です!
 

24時間対応の医療電話相談

24時間のメディカルコールサービス(医療電話相談)がついているということ、ですかね。
看護師と医師が常駐で24時間応対。
出先での体調不良による病院案内や、夜間・休日診療案内。
普段、夜中にこどもが熱を出した!なんてときにも利用できます。
 
これまで、そういった医療電話相談はいろいろ利用してきましたが、子どもがいたら24時間応対してもらえたほうが助かってました。
 

株主になりました!

あとはね、いま、しんごつぁんが東京海上日動の株主になっちまったので、えこひいきもあると思われ(笑)
(もう、このあたりは、あたい、ノータッチですよ。)
 
イー・デザイン損保は、東京海上グループだから、大手による安心感ってのも、ちょっとありますかね、はい。
 

SBI損保時代にお世話になったサービス

SBI損保時代に、パンクでの応対を2度お願いしましたが、無料でした。
対応も30分以内に来てくれて、すぐにスペアタイヤに交換。
コールセンターの対応も全然悪くないですし、か弱い女子は、大変助かりました!(か弱いか!?)
 
正直、これだけしか保険のサービスを利用したことがないです。
ありがたいことですね(´∀`)
 



 

搭乗者傷害保険は必要?

車を購入したときに、担当の営業さんから、搭乗者傷害保険は不要ですよ、というお話を聞いて以来、わが家では外しております。
 

搭乗者傷害保険ってなに?
契約車両に乗っているひとがケガをしたときに治療費がここから支払われます。
しかし、人身傷害補償保険に加入していれば、そちらでカバーできるため、補償が二重になるというものです。

 
搭乗者傷害保険を外せば、保険料もいくぶん安くなる・・・のですが!
 
治療費の支払い、死亡保険金、補償の範囲に違いが出るので、納得して選んだほうが良いです。
 
保険会社の流れとして、搭乗者傷害保険を最初から外している保険会社もあるので、チェックしてみてください。
 

自動車保険一括見積もりサービス。

毎年、わが家は自動車保険の一括見積もりサービスを利用して比較しております(´・ω・`)
 
毎年見直す理由っていうのは、どっちみち毎年更新しなきゃいけないもんだし、保険会社そのものも比較したいからですね。
 
あと、補償内容の大きな変化はないかもしれないですが、付帯サービスの内容に違いが出てきてる場合があったりね。
 
そういう詳しい違いは見積もりだけじゃ出てこないので、じぶんでWebサイトを見て調べたりもしていますけども。
 
さらに、インターネットでの申し込みで10,000円割引!とかあるので、見積もりサービス利用してポイントゲットしつつ、ネットで申し込んで保険料そのものも抑えてます。
 
いつも利用しているのは、NTTイフ楽天の一括見積もりです。
 

【楽天】自動車保険一括見積もり


 
最大14社の見積もりが取れます。
 
見積もり14社
 
ですが、最大14社とはいえ、実際に見積もりがあがってきたのは3社でした。
 

・ 当サービスはお客様のお車の見積もり条件と保険会社が当サービスに提供している見積もり条件が合致した場合のみ見積もり対象となります。そのため見積もりできない場合や見積もり対象の保険会社数が極端に少なくなる場合がございます。

  
との注意書きもあり、全部から見積もりが取れるわけではないので、ご注意を!
 
ここを利用するのは、楽天会員だと楽天ポイントがもらえるから!ですね(´∀`)
 
見積もりをしてみたあと、プレゼント応募メールが届くので、URLをクリックすればOK。
最大で1,111ポイントです。(ダイヤモンド・プラチナ・ゴールド・シルバー会員)
新規・レギュラー会員は、555ポイントです。
 
>>【最大1,111ポイント】楽天の自動車保険一括見積もり
 

NTTイフ

NTT イフ
15040901
 
ここはもう、以前からずっと利用しているのでそのまま毎回利用してます。
SBI損保をはじめて契約したときに、特典があったので利用したんだと記憶しております(;´∀`)(たしかね、たしか。)
 
いまでも、ここから見積もりして契約が成立すると特典つけますってのやってます。
最大11社から見積もりを取ることができますが、楽天と同じで全部から取れるわけじゃありません。
 
NTT11社
 
今回は9社から見積もりが取れたので、かなり比較しやすかったです!
 
>>自動車保険をネットで契約
 
改悪・改善も含め、自動車保険もサービス内容がちょいちょい変わっています。
毎年更新だし、おトクに賢く加入しましょ(´∀`)
 

ブロガー
yumi(旧ゆみちん)
ブログ運営歴15年。 記事を書いたり、動画投稿したり、ゲームなんかをしながら生活しています。 得意分野*家計管理|片付け|ゲーム攻略動画の編集 保有資格*ファイナンシャルプランナー3級|整理収納アドバイザー1級
\ Follow me /