フラット35で任意加入する団体信用生命保険は収入保障保険でイケるのか?

2014年12月30日保険の見直し・節約, 学資保険・医療・生命保険

わが家が利用している住宅ローン【フラット35S】で任意加入が必要な「団体信用生命保険」の話です。

高額だと感じたフラット35の団信を保険相談で見直してみることにしたんです。

フラット35で契約する、団体信用生命保険は高額!?
じゃ、民間の収入保障保険でイケるんじゃないの?

と。
今回は、フラット35で住宅ローンを借り入れている方、もしくはフラット35で借り入れようと考えているかたむけのネタです。

スポンサー リンク

団体信用生命保険ってなに?

ざっくりと書いておくと、住宅ローンを借り入れている本人にまんがいちのことがあったとき(おもに死亡と高度障害)、住宅ローンが弁済される生命保険です。

そう、死亡した時点で、住宅ローンがゼロになっちゃうっていう生命保険ね。

民間の銀行の住宅ローンは、いろんなパターンがあるようですが、必ず加入している状態です。

ただし、フラット35での借り入れの場合は、任意加入だということ。
しかも、住宅ローンを組むときに加入していないダメ。
あとから、やっぱ入る!なんて加入のしかたはできません。

実際に、ゆみちんの父が他界したときは、この団信に大変お世話になりました。
月額16万円以上の住宅ローンの支払いだったので、これが残っていたらと思うとゾッとします:(;゙゚’ω゚’):

わが家の団信、保険料はトータルいくら?

でね、この団信が、意外と高いと感じる額なのですよ。
ただ、フラット35の団信の保険料は、わかりやすいです。
簡単にシミュレーションできちゃいます。
機構団信特約料シミュレーション

これからフラット35で借り入れを検討されてる方は、必ず、団信の保険料シミュレーションもきっちりやってみてください(`・ω・´)

借入初年度は、かなり太い金額になると思います。

団信の保険料も含めて、住宅ローンを返済していくことができるのか。
家計への負担はどの程度なのか。

そこはしっかり考えていきましょ。

わが家の場合なんだけど、上のリンク先のサイトでシミュレーションした結果がこちら。

14100501.jpg

35年ローンなので、35年間の団信保険料は、約125万円となります。
うっひょ(゚∀゚)
結構高額ですね。
これまで支払った額も、まんまシミュレーション通りです。
来年は57,500円です。

保障額が減れば保険料も減る=収入保障保険の仕組み。

シミュレーション結果をみてわかる通り、住宅ローンの残債によって、保険料も徐々に減っていきます。
これ、収入保障保険の仕組みとまったく同じなんですよね。

収入保障保険って何?ってところは、こちらの記事にざらっと表入りで書いてます。
生命保険を乗り換えて、年間7,325円、トータル18万円以上の節約!

ゆみちん家で掛けている収入保障保険をみて、その保険と比較した結果、

もしかして収入保障保険で掛けたほうが安くなるんじゃないの? ってところから団信を見直そう

ってことで保険相談をしたのですよ。
で、見直した結果なんだけど・・・

取り扱っている保険のなかでは、どっちもどっちだった!

今回の保険相談では、スルー!という結果になってしまいました。

一応出してもらったのはあるのですが、保険料が年間42,000円になったのよね。

保険料が42,000円/年ということは、住宅ローンが終わる頃までに払い込む保険料の総支払額が、約140万円と団信よりも高額になってしまうということです。

ちなみに、団信の保険料を平均してみると・・・

年間約35,800円、月々約2,980円

となります。

団信より保険料が高くなるようなら、契約する意味は皆無。

残念ですが・・・って相談員さんも言われてましたが、こればっかりは仕方ないです。

繰り上げ返済を考慮してみる。

これはね、保険相談が終わったあとで試算してみたのですが、繰り上げ返済をするっていう前提ならば、紹介してもらった保険でも問題ないかもしれないの。
保険料の支払総額の比較表を作りました。 

14100502.jpg

拡大してみると・・・

左側が収入保障保険。右側が団信。
14100503.jpg

保険料の総支払額が、逆転するのは65歳(゚∀゚)

だから、早々に繰り上げ返済をするって決めてるひとだったら、団信はやめて収入保障保険に乗り換えてもいいと思う。

ただ、フラット35でも繰り上げ返済すれば団信の保険料も下がるので、そこも計算してみるといいですね。

わが家は、繰り上げ返済には消極派。
繰り上げ返済をするよりも、貯金額を増やして、その他のリスクに備えたいという考えでいます。

ので、トータル高くなるなら掛け替え不要という答えになりました。

団信の解約には注意!

今回はスルーという結果でしたが、収穫はありました。
理屈としては、団信は収入保障保険でイケるだろっていうことは理解していたのですが、もしかしたら「団信じゃないとダメな理由があるのでは?」って、ちょこっと思ってたの。
でも、

保障額をぴったりにはできないけど、団信でなきゃダメな理由はない!

・・・ってことを教えていただけたので、これは、ゆみちんのなかでは大収穫です(´∀`)
なぜかっていうと・・・

団信は一度解約すると再加入はできないから、うかつに乗り換えしたくなかった!

だから、納得いくまでは解約しないほうがベスト。

おすすめの収入保障保険は保険料が下がっていくタイプ。

今回の保険相談では、団信を収入保障保険に変更するっていうことはできなかったけど、団信である理由もとくになさそう。

ということで、団信に関しては、代わりになるような保険を自力で探してみようかと思っています。

収入保障保険でおすすめなのは、5年ごとに保険料もさがっていく、ひまわり生命の収入保障保険。
わが家も、メインの生命保険はひまわり生命です。

これまで見積もってもらった保険会社のなかで、ここがわりといいんじゃないかって思ってます。
5年ごとに保険料が下がるっていうのもいいですよね!

これを団信代わりに利用するのはおすすめかも!
繰り上げ返済をしていくなら、なおさら(^_^)

モンモンしながら支払うより、納得して支払おう!

保険相談中にね、相談員さんから言われたひとことが、すごく印象的でした。 

保険の見直しはおおいにしていただきたいんです。
保険相談をした結果、保険の見直し不要となったときに、これからは納得して保険料を支払えますよね。
それだけでも、違うと思うんです。

・・・って。
お金ってなんでも、じぶんが納得したものにしか使わないほうがいいんですよね。

納得したうえで、その「価値」にお金を払う。

この相談員さんの言葉から、しみじみと感じてしまいました。

なので、いま加入してる保険について、あなた自身が少しでも疑問・不安があるときは、保険相談を利用してみるのもアリだと思う(´∀`)
保険相談をした結果、

あなたが「納得」できれば、それだけでもOK!

ってことなんですからね!
納得するってことは、とっても大切です(´∀`)

ゆみちんも、今回の相談で、団信代わりに見合う保険がみつからなかったことには「納得」できました。

そして、わが家の場合、団信もトータルで考えると他の収入保障保険と変わらないのかも!?っていう部分は理解できた!

なので、これからは、いままでよりも「納得」して、団信保険料を支払っていけそうですわ(´∀`)b

フラット35で借り入れる場合、借入時から、団信のことまでしっかり考えていきましょ。

加入するタイミングが限られていること。
解約すると2度と加入できないこと。

だからこそ、任意の団信を利用しないなら、ローンを組む前から、きちんと団信代わりの生命保険に加入しておくことが重要です!


PAGE TOP