ローコスト生活のススメ。生活コストが低ければ、何が起きても対処できる。

お金が貯まる考え方。

たて続けに家計相談を受けているゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
珍しく毎日のように家計相談メールをいただいてまして。
なるほど!と逆に学びをいただいておる次第です。
 
今回のご相談をいただいた方たちに共通していることがあるんです。
それは、
 
生活コストが低い
 
ということです。
 


スポンサー リンク

ローコスト生活のススメ

小銭

ローコスト生活。
これは、生活費が低く抑えられている生活のこと。
 
そのまんまですね(´・ω・`)
 
相談者の方たち全員、相談内容の趣旨は違えど、家計はみんなローコスト。
 
高校生のお子さんがいて食費などのやりくり費が月8万円とか。
小さなお子さん2人いて、やりくり費5万円とか。
 
なにその神レベル。
ゆみちんなんて、先月10万超えてましたから。
いやもうかかりすぎて、いま引き締め中ですよ・・・
 
ローコスト生活のススメとか書いちゃダメなレベルなんじゃないかと。
それは置いといて。
 
ご相談者様たちには、それぞれ家計を見直さなければいけない事情がありました。

ライフステージの変化

たとえば転職。
そして、お子さんの大学進学。
 
こういうときってね、貯金ができない!どうしよう・・・ってなりやすいんですけど、ローコスト生活ならば、過剰に心配することはないと、いえます。
 
そもそも、生活費をダウンさせることって大変ですよ。
それって、生活のレベルも落とさなきゃいけないってことですから。
 
生活レベルを落とすって大変。
1度覚えた贅沢をやめることって、かなりの覚悟と決意が必要ですよね。
 
ええ、ええ・・・必要ですよ(現在食費引き締め中)
 
で。
 
このライフステージが変化して、支出が増えてしまうときも、ローコスト生活の場合は余力があったりするんです。
少し削るだけで、家計が黒字化できたり。
 
あるいは、貯金はできなくてもトントンにすることができたり。
 
貯金ってね、有事の際にはできなくてもいいと思ってます。
まずは、目の前の生活を守ることが大事!
 
なんといっても、貯金ができずにイライラすることは本末転倒です。
 
貯金はたのしくできたほうが絶対にいい。
そのほうが、毎日たのしく生きていけるから。
 
貯金はできなくても、毎日ちゃんと食べて、ギスギスせずに生きていくほうがよっぽど大事!
 
・・・と、個人的には思ってますよ。
 
だって、どうあがいたって貯金できない時期があるのは仕方のないことですから。

ローコスト生活を継続することで、挽回チャンスがやってくる!

貯金ができない時期があってもいい。
その分、日々を思い切り楽しむ!
赤字にすることなく過ごせるように、工夫する。

 
ローコスト生活を続けていれば、転職が成功し、収入がアップしたら・・・
またその分、これまでより上乗せして貯金ができるようになりますよね^^
 
お子さんが就職したら、学費にかかっていたお金は全部貯金に回せます。
 
ローコスト生活を続けておくことで、お金がかかる課題がなくなったときに、いつでも挽回することができるんです。
 
幼稚園代や保育園代だってそうですよね^^
子どもが小さいうちは絶対に必要で、そのために貯金ができないときもある。
 
けれど小学校にあがれば、いっきに負担は軽くなる。
 
毎月給食費込みで6,000円くらいのもんですよ。
ただ、成長期なので、かかるようになるのは洋服代かな^^;
 
習い事だって、工夫すれば安く済ませることもできます。
公民館にいってみると、サークル活動の案内があったりするんですが、うちの子たちはそこで見つけた体操クラブに通ってました。
 
1回500円です^^
安い!
体操クラブのおかげで足が速くなりました!
 
ほかに見つけたのは幼児向け英会話クラスで、毎月2,000円。
月に4回。
 
こういうのも意外とあったりするんですよ。
 
プロを目指すなら別ですけど、ちょっとなにかやらせたいというくらいなら、サークル的なところもありですよね。
 
あ、話がそれちゃいましたね。
 
いまだけを見ると苦しい!と感じることもあるかもしれませんが、少し先を見据えてみると、未来が開けてきたりします。
 
悲観的になりすぎないようにすることも、大切ですよ^^
 


知恵を絞ろう

これ以上見直せないし、将来的に浮きそうなお金もない!
 
・・・というご相談も実はあるんですよ。
そういうご相談をいただいたら、ゆみちんも頭を抱えてしまいますね^^;
 
食費をもう少し下げられませんか?といっても、現実それをやって生活の質を保てなくなってしまうと、それはそれで健康には悪いですし。
 
1つ言えるのは、借金がなければ慌てることはない、ということですね。
 
なんのために貯金がしたいのか、いくら貯めたいのか。
そもそもお金を貯めてなにがしたいのか。
 
そことじっくり向き合っていくといいかも。
そこはもう、ゆみちんに相談しても解決しません。
 
もし、出すお金がなくてローンを利用しなければいけないときは、いかにして借り入れ金額を抑えるか、というところに知恵を絞っていきましょう。
 
いま住宅ローンがあるなら、借り換えを検討すると返済額が減ることもありますよね。
新規で借り入れる場合なら、限度額めいっぱいまで借りようとしない。
 
車のローンもそうなんですが、ローンを組んでまで買う必要があるのかどうか。
ローンがあると家計も苦しくなりますからね・・・
 
300万円の車をローンで買うのと、150万円の車をローンで買うのも全然違います。
返済計画を立てるときに、総返済額がいくらになるのかをしっかりチェックしておきましょうね。
 
借り入れ金額じゃないですよ、総返済額ですよ!
1万円違うだけだからいいやぁ、ではなく、1万円も違う!と認識する。
 
かかってしまうものは仕方ないとあきらめずに、徹底してコストを下げる方法を考える。
(あ、これじぶんに向けて言ってます。食費が・・・)
 
支出を増やすことはカンタン。
でも、削ることはとーってもむずかしい!

 
ローコスト生活、意識していきましょう。
 
関連リンク
【家計相談】貯金のための保険見直しポイントは?生命・医療保険をどうやって見直せばいい?にお答えしました


PAGE TOP