子どもとお金・やりくり教育

こどものお金、どう管理する?「貯めて買う。」という基本的なことから教えよう。

スーパーマリオメーカー

とうとう買っちまったゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
長く読んでくださってる方ならご存知でしょう。
ゆみちん、
 
ゲーマーなんです。(そこ強調するとこ?)
 
小学1年生でファミコンを覚えました。
それ以来なんで、かれこれ28年ですね。
ようやる(笑)
 
で、買いました。
Wii U。

Wii U本体

これね、どうして買ったかというと・・・
そこは、こどものお小遣いどうする?どう使わせる?という視点から、今日の記事を書いていきますね。

消費を覚えるのは、稼ぎはじめてからいいのか?

こちらのコラムを読みました。
 
小学生の金銭教育 「消費の楽しさ」は自分で稼げるようになってから

おこづかいのルールに関して、保護者はあまり厳格になりすぎないことも大事です。思春期になると、ますます子どもには保護者に言いたくないことが増えてきます。ですから、小学生の間は常にコミュニケーションが成り立つ、風通しのよい関係を保っておくのがいちばん。また、自分で稼げるようになり、しかも十分に貯蓄ができてからでなければ、消費の楽しみは覚えるべきではありません。

消費の楽しみ・・・。
どんな消費が楽しみになるのでしょうか。
 
きっと、人によっては、ゆみちんが今回買ったWii Uですら、消費だと思うでしょう。
もしくは浪費ですよね。
 
ゲームなんてやってる時間があれば、ほかのことに時間を使おうよって思う人もいると思います(苦笑)
 


消費に楽しみなどない。管理する楽しみを覚えよう。

ゆみちんは、お小遣いをもらったことがありませんでした。
 
小さなお金すら管理をしたことがないまま、高校になってアルバイトで突然何万円も稼ぐようになったので、物欲に歯止めがかからなくなりました。
貯金を覚えるまえに、
 
大量消費。
大量浪費。

 
を覚えてしまったんです。
 
そこに楽しみはあったのかと言われると、消費することにまったく楽しみなど感じたことがないんですよね。
 
お金をたくさん稼いでいるのに、「お金がない、お金がない。」と呪文のようにつぶやく毎日。
なにを買っても満たされない心。
 
あるのは、無駄使いをしてしまったという自業自得の後悔と、早くにお金の管理方法を知っておきたかったという思いだけ。

小さなお金もしっかり管理して、じぶんで判断する力を養う。

わが家の長女は小学2年生。
毎月お小遣いを渡し、お年玉もじぶんで管理させています。

ゆうちょ口座

毎月の貯金やもらったお年玉は、先日作ったゆうちょ銀行の口座へ貯めています。
 
消費とは。
ガチャガチャやゲームを買うことが消費というなら、お小遣いの範囲で好きなように買わせています^^
100円を握りしめて、友達同士で駄菓子屋にも行ってるようですよ。
 
小さな消費を早いうちからやってみて、この使い方はダメだったな、とか、これを買ったときは幸せだったなぁ、って感じる心を育てることは、必要なんじゃないかと感じています。
(とくに、うちの長女は物欲強めガールですからね・・・)
 
大切なのは、
 
持っているお金をどう使い、どうじぶんに還元していくのか。
 
ということです。
 
本や運転免許のため、学校にいく資金にお金を残すことも必要でしょうね。
それって、目に見えてわかる自己投資ですし、わかりやすいです。
 
でも、それだけが自己投資ではありません。
こどもにとって「お金を使う」ことすらも大きな経験で、自己投資になるんですよ。
 
その経験に、お年玉やじぶんのお小遣いからコツコツ貯めたお金を使うのって、わたしはアリだと思っています。

Wii Uはどうやって買ったの?

スーパーマリオメーカー

で、このWii U。
長女希望で、スーパーマリオメーカーの同梱版を買いました。
 
Amazonで調べたら、39,900円でした。
AmazonでWii U スーパーマリオメーカーセットを調べてみる。
 

 
楽天市場だと、ビックカメラ楽天市場店35,640円(送料込み)で売ってました。
 
ただ、いくら安いといっても、ネットでポチッて頼んだって、お金使った感がまったく持てません(笑)
ここは、実店舗で買いたいところ。
 
で、うちは住宅ローンをイオンで組んでいることから、5%オフで買い物をすることができます。
(上限ありますけどね。)
 
イオンで住宅ローンを借り入れたので、セレクトクラブを使い倒します!
 
5%オフになることを伝え、夫とわたし、長女の3人で、割り勘をしました。
カード払いですが、長女からお金をもらい、レジでいっしょにお会計をしました。
 
長女は、Wii Uを買うために、お金をせっせと貯めていたんです^^
たくさん買いたいものはあったと思いますが、Wii Uを買いたいから・・・と目標を持って貯めていました。
 
がんばって貯金をしていたのも知ってますし、わたしもいっしょにゲームを楽しみたいので、割り勘で買おうと約束してたってわけです。
 
イオンのレシート

イオンでも、35,640円で売ってました。
請求時に5%オフになるので、33,858円で買うことができました。
 
価格を調べ、どこで安く買えるかを検討する。
これ、ゆみちんは大人になってから覚えたんですけどね・・・。
大事です、価格調査(笑)
 


管理レベルはどんどん上げていく。

マリオメーカーの冊子

ゲームで主人公がレベルアップするように、マリオがキノコででっかくなるように、長女もお金を管理し、使いながらレベルアップしていってほしい。
 
小学生のうちは、少しの消費をさせて失敗したり、ほしいと思ったものをお金を貯めて買うことを知ったり、そういうことを学ばせていきたいと思ってます。
 
中学校になれば、また違ったお金の使い方をしはじめるでしょうしね。
友達関係も広がってきますから。
 
また、Wii Uを買ったことが、長女にとってタメになったかどうかっていうのは、今後、彼女自身が考えていくことです。
買って失敗だった!ほかの欲しかったものを買えばよかった!と思うかもしれませんね(苦笑)
 
今日は、Wii U買ってよかったーーー!って叫んでましたけど^^
ゆみちんも買ってよかったーーー!って思ってますけども^^
 
ここでも勉強になるだろうなと思うのは、なにを買ったかではなく、お金をどう使ったかがとても大事なんだなということです。
そこは、じぶんの心をしっかりと見つめていく必要がありますね!
 
最後に書き添えておきますが、ゆみちんのやり方が正解とか正しいってことはまったくないです。
 
こどもへの金銭教育は、これという正解はなく、各家庭で信念をもって、うちはこうするからね!っていうのを貫くことのほうが大事かなと思います。
 
よそはよそ!うちはうち!!
と言い切れる心の強さを持ちましょう^^
 
ただねー、ゲームをやる時間だけはきっちり守ってもらうよ!
生活リズムが崩れますからね(´・ω・`)
(ゆみちんはどうなんだよって話。いや、聞かないで。)