開業したら健保に確認。妻が社会保険上の扶養から外れるとき。

2015年3月28日個人事業主のお話

風邪をひいてしまったゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
ノドがいがいが。
体だるだる。
 
少し寝て、目がさえてしまったのでブログ書いてます。
(いや、寝とけよ!)
 
さて。
開業して3ヶ月が無事に経過しました。
売上もしっかりあがってきているので、気にせにゃならんのが、
 
社会保険の扶養から外れるタイミング。
 
ちゅうことですね。
よくわからないので、しんごつぁんの会社に問い合わせてみました。
 


スポンサー リンク

健康保険組合により異なる。

社会保険上の扶養から外れるタイミング・条件というのは、加入している健保によって大きく異なるようです。
 
まずは、開業した時点で扶養から外れるという健保があります。
そもそも、事業主なんだから、だれかに依存することなくやっちゃいな!っていう意味?なんでしょうね。
 
そういった健保ならば、まず収入があるからすぐに開業するっていうんじゃなく、ちょっと様子を見てから開業したほうがいいかもね。
とはいえ、そうなると白色申告になるんだろうけど、青色申告と比較すると税金バカ高くなるからね。
 
それでも、保険料や年金を払うよりは安いのかな。
 
次に、売上から経費を除いた金額が130万円を超える場合は、扶養からはずれますっていう健保も。
ようは所得が130万円以上なら扶養から外れるよっていう、結構太っ腹な健保ですね。
 
経費なんて掛けようと思えばいくらでも掛けられるよね。
でもまぁ、ネットで調べてみると「必要不可欠な経費」っていうあいまいな定義なのでどこまで当てはまるのかは疑問。
でも、経費の中身まで健保が問い合わせてくるのかも疑問(笑)
 
で、しんごつぁんが加入している健保の場合は、
 
年収(売上)が、130万円を超えた場合、扶養から外れる。
 
との回答でした。
 
経費とか関係ないの?って聞いたら、関係ありません!(ピシャリ!)との回答をもらったそう(´・ω・`)
う、うう、厳しい。
 

130万円を超える売上の目安。

130万円を超える場合って、月10万8,333円が目安になってくるわけだけども。
自営業の場合、毎月同じ収入になるわけじゃないのが微妙なところだなぁ。
 
いまのペースの収入でいけば、130万円に達するのは10月あたり。
非常に微妙です。
 
でも、メールでの返答に、
 
確定申告で売上金が130万円以上になれば扶養から外れる。
 
との文言もあったので、ますます???になってしまいました。
これは、確定申告までは待つよーって意味かしら(笑)
 
とりあえず、130万円を超えた段階で会社に問い合わせますけども、なんとも微妙な文言です。
 
※追記(2015/7)
その後の経過はこちらに書いています。
夫の加入してる健保は超キビシイ!!!
意外と厳しい社会保険の扶養認定。すぐにでも扶養を外れるかも!?
意外と厳しい社会保険の扶養認定。さらにわかったことその2。
 

扶養から外れるデメリット

これはもう、夫側の税金も増えちゃうって話よね。
 
配偶者特別控除も受けられないし。
家族手当もなくなっちゃいますしねぇ。
 
さらに、ゆみちん自身で国保と年金を払っていかねばならんので、そのあたりを考慮すると、130万円稼いでいくら残るのかしら?っていう不安があったりする。
 

ちなみに、個人事業主の簡単税金計算サイトで、年収が130万円を超えた場合のシミュレーションをしてみました。
 
15032801
 
売上130万円で、経費20万円。
控除が基礎控除38万円+生命保険料控除4万円と入力。
 
ポチリとボタンを押すと。。。
 
15032802
 
という結果になりました(´・ω・`)
ちなみに、ここには国民年金は出ていないので、さらに年間18万7,080円の年金保険料が加算されます。
 
全部で25万4,080円くらいの負担が出てくるってこってすな。
 
経費を倍の40万円までに増やせば税金はゼロになり、国民健康保険料も36,000円まで下がるけど、そのために経費でお金を飛ばすってのも変な話(´・ω・`)
 


やっぱりソントクよりも・・・

開業して、税金に関心を持つようになってきました。
まだまだ勉強が足りてないのでちんぷんかんぷんな部分もありますが、
 
とりあえず、ゴリゴリに稼いでいこうぜ(゚∀゚)
 
とは思ってます。
やっぱい、開業した次の年はどうしても負担が増えることにはなるだろうしね。
 
その次の年で節税したりいろんなことを考えていけばいいわけで。
(いまからできることはもちろんしていくけども。)
 
税法上の扶養から外れる。
社会保険上の扶養から外れる。

 
そういったデメリットはあっても、手元にお金が残っていくのは確かです。
専業主婦で開業したのならなおさらだよね。
ゆみちんの場合、じぶんの収入がゼロ円だったのが、収入が130万円あれば、経費や保険料を差し引いても手元にしっかりと残ることになるんだもの。
 
しんごつぁんの税金は増えて、家族手当分減っちゃうのは確実だけど(笑)
 
だけど、正社員ですら危ういこの時代で、共働きふくめ、収入源が複数あるという心強さはなにごとにも替えられません。
ゆみちん自身の収入源でいえば、4~5社から入ってくるのでそれも安心材料ですね。
 
 
また、社会保険上の扶養から外れても、自営業である限り、いくらでも上はめざしていけるわけで。
もちろん、急激に下向いちゃうときもあるかもしれないけども((((;゚Д゚))))
 
その対策としては、
 
生活レベルを上げない。
現金をしっかり残していく。
収入アップに励む。

 
ということをしていくつもり。
 
あ、あとは税理士さんに相談だ(゚∀゚)
 
ということで。
今日は、開業した場合、社会保険の扶養を抜けるタイミングは健保によって違うんだよっていう話でした!(え。)
 
 
それにしても。
こうして開業して、一歩一歩前に進めているのも、このブログがあり、読んでくれてるみんながいてくれたからに他ならない。
仕事をするって、ほんとうに人とのつながりが大切なんだなって気づいた、今日この頃です。
 
読んでくださっているみなさん!
長くサポートしてくれているファンのみなさん!
いつも、ありがとう(´∀`)
ゆみちんより、愛をこめて。
 


PAGE TOP