意外と厳しい社会保険の扶養認定。さらにわかったことその2。

個人事業主のお話

個人事業主ネタが続いてるゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
 
今日はさくさくっとさらにわかったことを更新します。
 
主婦が130万円を超えてしまうと、社会保険(夫の健保)から扶養認定を取り消されて、国民年金と国民健康保険にじぶんで加入しなければならないっていう話でしたよね。
 
この130万円っていう数字にこだわっていると、大変衝撃的な目にあうかもしれません(´・ω・`)
 


スポンサー リンク

扶養から外れるとき。

15033101
え~~~知らなかったにゃ~~~!!とならないために知っておこう!

  • 開業したら扶養から外れる。
  • 年収が130万円を超えたら扶養から外れる。
  • 所得が130万円を超えたら(確定申告後)扶養から外れる。

だいたい、健保によってこの3つに分類されるようなのですが、調べていくと・・・
 
 
月収が10万8,333円を超えると扶養から外れる!
 
 
なんていう認定方法を取っている健保もあるとのことです。
これって、個人事業主とか主婦フリーランスとか関係なくて、
 
年間130万円を超えないように気にして働いている、パート主婦も関係してくると思われます。
 
社会保険の扶養から外れないように調整しているつもりでも、月10万8,333円を超えた時点でアウト!と決めている健保の場合は、たとえ1年間で130万円を超えなくても、扶養から外れてしまうってことですね。
 
その理由が、
 
1年間で130万円以上にならない見込みがあるかどうか。
 
という認定基準であるからなんだそうです。
見込みっていうところがネックなのよね。
事実ではなく、見込み。
 
なので、逆を言えば、
 
130万円にならない「見込み」だから扶養と認定しているんだから、その見込みがなくなった時点で扶養から外れてもらいますから。
 
っていうことなのよね。
だから、月10万円以下なら扶養から「外れる見込みはない」けど、それ以上だと「外れる見込み」になっちゃうでしょ?ってこと。
結構シビアだよね~~~。
 
だからみんな気にしながら働くんだねぇ(´・ω・`)
って、ようやく腑に落ちたゆみちんなのでした(笑)
 


ゆみちんの場合。

これまでも書いてきましたが、しんごつぁんが加入してる健保側からは、月10万8,333円の話は出ていないので、年間130万円以上という認定基準でいいのだと思います。
ですが、健保的には、
 
開業したら扶養から外れてほしいという本音を持ちつつも、130万円を超える見込みがないなら扶養に認定しています。
 
そして、その年収も、経費を除いた所得ではなく売上ベースの130万円です。
だから、
 
経費とかいくら上乗せして利益減らしてもダメよ!
うちは、売上ベースで認定してるから、売上が130万円を超える見込みがでてきたのなら、なるはやで扶養から外れてくださいね。

 
っていうこと。
超える見込みがないかと言われたら現時点で出ていますので、前回の記事で、なるはやで外れなきゃねっていう結論になったわけですね。
 

まとめ

これまでの記事と重複した内容の部分もありますが、いろいろ調べるとおもしろいことがたくさんわかってきますねぇ(´∀`)
 
ここは健保によって大きく違うところなのでは?と思います。
 
ネットで調べて書いてあることが正解なのではなく、健保独自に取り決めを作っているところはたくさんあると思う。
 
なので、扶養に入ったままフリーで活動してる主婦とか、1年間で130万円を気にして働いているパート主婦さんは、いまいちど、パートナーの健保に確認してみられたほうがいいんだろうなと感じました。
 
あとから文句を言われて絶句するよりも、事前に調べておけば対策も取れますからね!
 
って、フリーランスだとなかなか収入の調整はできませんので、なんとも対策のとりようがないですが(´・ω・`)

健保に確認するポイントは?

  • 扶養から外れるタイミング
  • 見込み収入の有無
  • 年収なのか所得なのか。
  • 扶養から外れる場合、さかのぼって保険料を請求されるのか。

しっかり把握しておきましょう(´∀`)
 
それにしても。
ゆみちん、じぶんが住んでる市の保険料計算ツールで調べてみたら、年間81,000円の健康保険料だって((((;゚Д゚))))
それに年金が月15,000円でしょ?
 
あわせると、年間26万円だって(´・ω・`)
 
昨年は白色申告だったから仕方ないね。
今年がんばって青色申告して、経費も使って、来年は節税できるようにやっていこう(;´Д`)
 
 
※しっかりと調べて書いていますが、間違い等あるかもしれません。
 そのときは、こっそり教えていただけると幸いです。
 


PAGE TOP