お金と家計管理・貯金

2016年度家計簿のたたき台、できました!大きな変更は費目を大きく減らしたこと。

2016年度家計簿

ちょっと今月の家計簿にびびってるゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
10月の家計簿、更新しました。
【2015年版】4人家族の公開生活家計簿
 
食費・日用品費をまとめて1費目にしてるんですが、それにしても7万円台は破壊力がすごいです。
 
食費は節約しない方針のわが家ですが、さすがに危険信号。
日用品がいくらで、食費がいくらなのかを把握しつつ、浪費部分が隠れているはずなので洗い出します。
 
さすがにね、ゆるみすぎ(笑)
 


2016年の家計簿たたき台。

もう11月です。
あと残すところ2ヶ月ですよ。
 
この時期から、ゆみちんは次年度の家計簿について考えはじめます。
そして、市販の家計簿で良いものがないか、調べて歩きます。
 
もうすでにリサーチは完了してるので、後日おすすめ家計簿を公開しますね♪
お楽しみに!
 
で。
 
うちの家計簿ですが、エクセルで作ってます。
夫婦で管理したいので、Dropboxで共有しています。
 
わが家は、いま共働きですが、ゆみちんの事業収入も、しんごつぁんのお給料もすべてあけっぴろげ!
収入から支出まですべて夫婦で把握して管理しているので、貯金計画も支出計画も、どちらもスムーズです。
 
ついでにいうと、長女にも家計のことはよく話していますよ!
 
さてさて。
前置き長くなってしまいましたが、これがわが家の来年度の家計簿です。

2016年度家計簿

費目として追加したのは、「経費」と「国保・年金・税金」ですね。
自営業として、これは切っても切り離せませぬ。
そして、これを払うために、毎月最低でも5万円は稼がなければいけません(結構大変だ。汗)

2016年から大きく変えたところ。

15110202

今年度途中から、食費も日用品も、すべてをクレジットカードで支払うようにしています。
 
参考リンク
クレジットカード払いメインの家計へシフト。レシート添付ノート+自作の集計用紙でお金を管理!
 
クレジットカードで支払った場合、レシートを見ながら、家計簿の費目ごとに記入していくのが、すごくめんどくさかったんですよ(汗)
 
なので、費目を重視するのではなく、カードで分類するように変更させました。
 
食費と日用品は、基本的にはイオンカードからなので、イオンでまとめます。
イオンカードは生命保険料なども支払うようになっているので、特別費の項目を足しました。
 
楽天カードは、経費用として使っています。
また、ゆみちん名義の生命保険料なども払ってます。
 
MUJIカードは、ゆみちんの個人用カードなので無印に行ったときくらいしか使いません(笑)
 
費目ではなく、お金の出口で管理する。
 
ゆみちんにとっては新しい試みですが、来年1年間はこの方法でやってみたいと思います。

イオンカードで支払っているもの一覧

食費、日用品費
電気代
ガス代
スマホ料金
交通費
夫名義の医療・生命保険料
レジャー費
住宅関連費
被服費
その他カードで払えるものすべて。

費目を減らしても大丈夫??

クレジットカードごとにまとめて、費目を減らしちゃった!
それでも、大丈夫なんです。
 
家計簿はお金の流れを把握するためのツールです。
 
どこからお金が入って、どこを経由して出ていったのか。
 
費目別に管理するということは、お金を何に使ったのか、というのを把握することですよね。
それとは違い、来年度の家計簿は、どこからお金が出て行ったのかというのを見る、ということです。
 
その理由は、クレカ払いにまとめてしまったから、ということに尽きますね。
 
イオンカードからは、生活費全般が支払われるとわかっているので、費目別の詳細が知りたければ、クレカの明細を見ればいいだけです。
それをわざわざ家計簿側に転記しなくても良いってこと!
 
無駄な行動はどんどん省いていきましょう♪ってことなんです。
 


家計簿に消耗しない。目的をちゃんと見極めよう!

家計簿をつける目的を見失ってしまうと、つけることに疲れてきます。
じぶんがなぜ家計簿をつけるのか、一度、深く考えてみるのもいいですよ!
 
貯金がしたいのか、それとも、赤字を改善していきたいのか。
 
ゆみちんも、最初は、なんとなくつけなきゃいけないんだろうな〜って感じで家計簿を始めました。
でも、長続きしない(笑)
それこそ、3日も続かない。
 
でも、貯金したい!という強烈な願望を持ってからは、家計簿に対する意識がガラッと変わりました。
そして、続いています。
 
いまは、貯金が目的というよりも、夫婦で家計簿を共有するため、という目的があるのでつけています。
家計が良い状態かどうかは、夫婦で把握しておきたいんですよね。
 
それは、ゆみちんだけの判断だと、間違っているときがあるかもしれないから。
 
しんごつぁんの冷静な視点というのが欲しいんですよね。
なんせ、目先の増えた減ったに喜びがちなゆみちんですから(苦笑)
 
大きな流れをつかむには、夫婦で話し合うことが大事だな、とつねづね思っています。
 
家計簿は、お金の流れを把握する大切なツール。
赤字を改善したい、お金を貯めたいとおもったら、積極的に活用していきましょうね!