お金と家計管理・貯金

適正な生活費はいくらなの?家計簿から生活費に使えるお金を割り出そう

食費と日用品だけで12万円もの請求がきていたゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
まぁ・・・くるだろうなぁとは思ってましたけども。
夫しんご、骨折で1ヶ月休職してましたし。
家から出られないので、いろいろ食べてましたし。
 
あとはね、これは仕方ないのですが、おいしっくすの請求が2ヶ月分きてたので、それだけで6万円です。
 
なので、1ヶ月分で考えたら、実質9万円くらいでしょうか。
ま、それでも多いかなって思いますよね(笑)
 
さて、食費やばい!どうすりゃいいんだこれは!と感じたときは、まずどうしたらいいのでしょうか。
 


手取りから固定費を引いた金額を把握する

電卓

生活費として使えるお金が把握できていないときは、まず固定費を全額書き出してみましょう。
 
・・・って、ゆみちんの家計でやってみましょうね。
なんてったって9万円かかってますからね・・・。

わが家の固定費は?

支出部門
住居費:約6万3,000円(ローン+管理費)
スマホ2台:3,000円
習い事:10,000円(多めに)
小学校:6,000円
夫小遣い:2万5,000円

積立部門
固定資産税:9,000円
車関連費:9,000円
生命保険:1万円
 
合計:13万5,000円
 
はい、わかりましたね。
 
また、自宅のインターネット料金とガソリン代は、事業の経費にしているので今回の予算には計上していません。
年度末に家事按分します。
 
では、次に準固定費として光熱費などを把握していきましょう。
これは毎月家計簿をつけていれば、簡単にわかること。
 
今回は平均値を出しました。
 
水道光熱費:1万5,000円
医療費:5,000円
予備費:5,000円
 
合計:2万5,000円

食費と日用品に必要なお金を出す

水道光熱費を生活費にしてしまうとめんどくさいので、ある程度の平均から先に予算を取るようにしています。
医療・予備費も同じ理由で。
 
固定費+準固定費=15万5,000円
 
わが家は、家族の生活にかかるお金は夫の収入だけでやりくりするようにしています。
 
となると、手取りベースで毎月23万円前後。
今月は22万円でしたので、食費・日用品に使えるお金は6万5,000円ということになりますね。
 
今月の食費・日用品費は、9万円(´・ω・`)
おいしっくすの2ヶ月分の請求で、12万円(´・ω・`)
 
・・・大赤字やないか!
 
いやわかっとったけど。
今回ばっかりは特別予備費をひさびさ発動させたけれども(´・ω・`)
 
今月は赤字ですね。
何回も言いますが、今月は赤字だったんです。
 


赤字でも慌てない理由とは

請求書

こんな月もありますよ。
毎月毎月黒字でやっていけるわけがありません。
 
ゆみちんは、
 
赤字になる月もあると先に読んでおいたうえで、貯められるときにしっかり貯める
 
というポリシーをずっと貫いています。
 
理由は、じぶんがそんなにやりくり上手じゃないことを知っているから、ですね^^
 
だから、固定費はある程度削って、生活費をあげないようにしながら、食費はテキトーにがんばる、という方法でやりくっております。

じぶんを知ることって大事だよ

心屋さんシリーズ

じぶんを知る。
じぶんが得意だと感じることや、これは苦手だわっていうことを知ると、できることとできないことがわかってくるようになります。
 
「月末に食費がピンチだから、リメイクメニューで乗り切ろう!」
と、できる人もいれば、それに情熱を傾けられないどころか、食費のことを考えるだけでユウウツになってしまうひともいる(ゆみちんのことやろ。)
 
食費のやりくりは得意だけど、どうしても細かいプランを見直したりするのは苦手なのよね・・・
めんどくさいと感じちゃうの。
 
っていうひともいるんですよ。
 
だから、得意なことだけやればいい。
 
ゆみちんは、食費をがんばって無理して削るよりも、ある程度余裕をもたせて、普段はそこにストレスを感じないようにしていたい。
 
目の前の「できないこと」にとらわれることなく、常に全体をみておきたいものですよね。
 
最終的に、1年間通して黒字ならそれでいいんですから。
 
とはいえ・・・
特別費を使った分は取り戻したい。
 
しばらく、食費&日用品費に使えるお金は7万円だぞ!ということを意識しておこうと思います。
 
★お金が貯まるやりくり方法はこちら
1ヶ月の予算を5週間でやりくりして貯める方法。