給料日が1日以外の家庭が1日から家計簿をはじめる方法。家計を始めるタイミングは1日が断然おすすめ

2014年12月24日お金と家計管理・貯金, 家計簿について

家計簿をつけたいけど、お給料日始まりがいいのか、それとも、1日からはじめたほうがわかりやすいのか・・・
悩ましい!!
 
わが家は、これまでお給料日はじまりでしたが、現在は1日始まりの家計簿にしています。
1年間続けてきて、1日はじまりの家計簿は管理しやすいと感じました。
 
これから家計を改善させていきたいかたに、ぜひおすすめしたい方法です。

スポンサー リンク

1日からはじまる家計簿って使いづらい?

 
わたしもおすすめのこの家計ノートも、家計簿を1日からはじめることをすすめてます。
 

細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート 2017 [ 細野 真宏 ]
 
ですが、わが家のお給料日は、25日です。
いつも感じてたけど、1日からはじまってる家計簿って、正直使いづらいって感じたことってないですか?
 
25日支給だから、結局、カード請求とかも26日とか27日が基準になってて、いまさら変えるのって大変じゃない?って思うの。
 
でもね、この家計ノートに書かれてる、
 
1月25日のお給料は、来月の給料だと考えよう。
 
というところに、ハッとさせられたものがあります。
 
実際にやってみて実感しましたが、25日に入ったお給料を来月のお給料と考えるということは、1週間くらい手元にまるっと置いておけることになりますよね。
 
ここにちょっと精神的余裕といいますか、現金を手元に置いておける余裕感ってのを感じてます。

1日はじまりに変えるときの問題点は、引き落としされるもの

とはいえ。
これまで25日支給で、26日以降の引き落としに対応してきた。
だから、もし、これを1日からに切り替えるとするならば・・・
 
26日から末日までの支払いをいったん貯金から支払ってしまわないといけない。
 
ってことなんですよね。
 
これは実際、金額によっては、ちょっとハードル高いかも。
さて、ここをどうすればよいのか・・・

わが家で実際にやったことがこちら。

26日以降の支払い額を把握する。

まずやるべきことは、
 
25日支給なら、26日から末日までに必要なお金を出してみる
 
ということをしていみました。

カード払いにしている費目の金額や、住宅ローンなど口座から引き落とされるものを書きだしてみること。
そして、その合計額を把握する。
 
で、26日以降の支払い額が判明したら、それをいったん貯金から支払いを済ませることにしました。
そうすることで、スムーズに1日はじまりに以降することができる、と。
 
ただ、やっぱり金額によってはハードルが高いですよね。
そんなときはどうするか。

変更できるものは1日以降にずらす。

 
以前、光熱費やケータイ代金を支払っている家計用クレジットカードは、26日引き落としのものでした。
 
ですが、メインのクレジットカードをイオンカードに変更したことで、解決しました。
 
クレジットカードの引き落とし日は、カードにより異なります。
ですので、乗り換えてみるのも1つの手です。
 
たったこれだけなんですが、かなり管理もしやすくなったのだけど、使っているクレジットカード自体を見直すという方法もありますよ!
 
イオンのヘビーユーザーさんは、イオンカードを活用しない手はなしです^^
 
カード申し込みはこちら。
↓↓↓

1日はじまりにするためにやるべきこと。

まとめると。
25日(もしくは10日・15日等)がお給料日のひとが、1日から家計簿をはじめる場合の対策は以下の3つになります。
 
・26日以降の支払い、引き落とし額をピックアップ
・いったん貯金から支払いをしてやりくり
・もしくは、カード変更などで引き落とし日の変更を

 
ってことかな。
いちばん手間がすくないのは、貯金からまかなう方法ですね。
 
引き落としの変更ができなくて、貯金からまかなうのもきついかも。
って、方は、こちらにも解決策を掲載しております。
【Q&A】家計簿を1日から開始する具体的なステップ。
 


1日はじまりのメリットは、家計の把握のしやすさ。

 
なぜ1日はじまりがいいのかというのは、
 
収入と支出のバランスが取れているか、月単位で把握しやすい。
 
ということにあると思います。
「家計簿の基本中の基本」なのかもしれないですね。
 
月単位で把握しやすくなると、毎月の予算もとても立てやすくなりますよ。
これは大きなメリットです。
実際にやってみて、とてもやりやすいと感じました。
 
また、実は12月25日のお給料は1月からの家計費になるため、年末に1か月分のお給料をもったまた年が越せる、ということ^^
気持ちの余裕度が違います(笑)
 
貯められない家計になってるひとは、これまで通りにやってきた結果貯まらない家計になってる。
だからこそ、思い切ってやりかたを変えてみる。

 
そういう意識も大切だよって、わたしは思っています^^
一度、家計簿の基本にたちかえってやってみるのもいいと思いますよ!
 
とくにとくに!!
これから家計改善にむけて取り組まれる方は、ぜひ、トライしてみてほしい!
 
変えたいなら、変わっていきましょう!

家計簿は使いやすいものを。

わたしは、今年1年、この家計ノートを使ってみました!
節約力をあげたいかた、家計簿初心者におすすめです♪
 

著者/編集:細野 真宏
出版社:小学館
楽天市場
細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート 2017 [ 細野 真宏 ]
Amazon
細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート 2017 (小学館実用シリーズ)
 
家計簿も、あなたにあったものを使うことで、ぐんと管理がたのしくなるので、お気に入りの一冊をさがしてみてはいかがでしょ♪
 


PAGE TOP