ランク2をめざしてみよう。住信SBIネット銀行のランク制移行まであと3ヶ月。

2015年10月13日銀行口座・クレジットカード・ポイント

そろそろどうにかしようと思っているゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
なにをって、住信SBIネット銀行のランク制移行への対応ですよ。
 
★関連リンク
住信SBIネット銀行に事件です。ATM手数料がランク制に移行します。
 
スマートプログラム(仮)ってやつなんですけどね。
これ、2016年1月から導入されて、2016年2月から稼働するらしいのですわ。
 
ちなみに、2016年の2月のランクは、2015年12月末の利用状況で決まるそうなので、うかうかしてられませんね。
 


スポンサー リンク

ランク2をめざすために。

15091603

貯金、目的別積立用にフル活用している口座。
ATMで出金することはほとんどないのですが、問題なのは他行あて振り込み手数料の無料回数ですね。
 
現状のままだとランク1になってしまい、月1回しか利用することができません。
これはちと困る。
 
なので、現状通り使えるように、他行あて振込手数料が月3回無料で利用できる、ランク2をめざしていきたいところです。

ランク2になる条件。

最低条件:月末の口座残高が1,000円以上

1 最低条件+30歳未満
2 最低条件+月末の総預金残高が100万円30万円以上
3 最低条件+以下8項目のうち2項目を満たす必要あり。
1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
2. 仕組預金の月末残高あり
3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
4. カードローンの月末借入残高あり
5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
6. 純金積立の引落しあり
7. 給与、賞与または年金の振込あり
8. デビットカードのご利用金額合計が月間1万円以上

※2017年5月から、口座残高100万円以上から30万円以上に緩和しました♪
 
1、2、3のいずれかを満たす必要があります。
 
30歳未満の方は有利で、1,000円以上の口座残高があれば、ランク2の条件を満たすことができます。
 
問題は8つの条件。
15091602

ハイブリッド預金は、SBI証券口座を保有して、住信SBIネット銀行とひも付けすることで利用できる預金口座です。

8つの条件でおすすめできるものってどれ?

8つの条件のなかでも、比較的満たしやすいものに絞って検討してみたいと思います。

口座残高30万円以上

※2017年7月追記

追記ですが、口座残高100万円以上だったものが、30万円に変わりました♪
これはうれしい緩和ですよね!

わたしも満たすことができました♪

外貨預金(普通・定期)

外貨預金ってハードル高そうなイメージがありますよね。
ゆみちんはFXやってた時期もあるので、そこまで抵抗は感じません。
 
住信SBIネット銀行の外貨預金は、最低預入金額も米ドルで1ドルから。
1ドルって、いまのレートは119円くらいですよ。
(※2015年10月時点)
 
最低預入金額の指定はありません。
しかも、買い付けや売却にともなう手数料もかかりません。
 
ただただ外貨預金の残高があればOKなので、これでランク2になれるなら外貨預金を選ぶのもありですね(笑)
 
為替コストがかかったりするので、多少難しく感じるかもしれませんが、比較的おすすめできます。
むしろ、この120円分の為替を手数料と考えて、もう1ランク上のランク3をめざしてみるのもいいかもしれない。

仕組み預金を利用する?

こちらは期間の縛り最低預入金が10万円以上という条件が発生します。
 
最長で10年ですね。
1年ごとに「見直される」そうですが、期間はすべて住信SBI次第です。
 
でも、その分金利が0.53%(ステップアップ型なら0.4%〜0.85%)と高金利となってます。
教育費や老後資金など、当面使う予定のないお金を預け入れるには最適です。
(※2015年10月時点)
 
ちなみに、しんごつぁんはこの仕組み預金を利用するつもりだそうです。
いま、100万円を目標にしんご名義で貯めているので、そのお金をそのまま仕組み預金にするそうですよ!

ハイブリッド預金

こちらはSBI証券の口座開設が必須になりますが、条件的にはかなりゆるめです。
 
ゆみちんが満たしている条件は、いまのところ、このハイブリッド預金だけ。
ハイブリッド預金は前述しているので、ここでの詳細は省きますね!
ネット銀行の使い分け。住信SBIネット銀行とソニー銀行を両方利用すればなんとかなる!

純金積立ってどうよ。

純金積立、月1,000円から積立できるらしいです。
以前、ゆみちんは田中貴金属で純金積立をしていました。
 
そこそこ相場も良い時代だったので、利益は少し乗ったのかな。
いまはちょっと高値にあるので、手は出しづらい雰囲気。
(あくまでも個人的な感想ですよ。)
 
積立額が1,000円からならイケると思ったけど、外貨預金のほうが1ドル預けとけばOKということがわかったので、外貨預金推しになってしまいました(笑)
外貨預金のほうが、ランクを満たすという意味でも、リスクは低いです。

給与、賞与または年金の振込は?

会社員で給与口座の指定ができるなら、いいですよね!
専業主婦には無理ですよー、これは。
 
え、取引先からの振込とかダメ?
ポイントサイトとかは?
なんで給与だけなの?
 
なんてボヤいてみましたが、会社員の方は、ここを利用できるといいですよね!
目的別口座への貯金振り分けも簡単になりますし。

2016年からデビットカードも利用できるよ!

月1万円以上の利用という条件はありますが、デビットカードを利用してる方は、住信SBIのものも作ってみるといいかもしれませんね。
 
デビットカードは現金代わりに使えます。
使ったお金は、銀行から直接引き落とされるので、残高不足なら使えないだけ。
クレジットカードのように使いすぎることもありません。
 
しかも、Visaデビットなので、Visa加盟店であればどこでも使えるんですよ。 
 
すでに、新規口座開設をされる方は、キャッシュカードがデビットカード機能付きになっているそう。
デビットカードも利用してみようかな。

ランク2条件を比較的容易に満たせるベストな方法は?

まとめですが、8つの条件をまったく満たしていない状態から、ランク2をめざすのに比較的無難な方法は、
 
・外貨預金
・Visaデビットカード

 
ということがわかりました。
外貨預金なんて1ドルでいいんだ、1ドルで。
為替コストも、米ドルなら外貨預金にしては少ない15銭です。
(いやほんと、昔は1円とかありましたからね。FX並みに低いです。)
 
ただ、外貨預金は投資になり、元本割れリスクも預金保証の対象にもならないので、申し込みをするときに「投資リスクに関するアンケート」に答える必要があります。
場合によっては、断られることもあるそうなので、ここもしっかり確認しておきたいですね。
 
デビットカードは2016年1月から対応なのでちょっと時間かかるかもしれませんし、2月のスマートプログラム開始には間に合わないかもしれませんね。
カードの発行は無料のようですし、サービス開始までに手続きをしておくのもいいですね。
 
ゆみちんが満たしている&今後満たせそうなのは、
 

・残高30万円以上
・ハイブリッド預金
・外貨預金
・仕組み預金

 
の4つ。
これだとランク3の条件を満たせるので、これまでより使い勝手がかなり良くなります。
 
住信SBIネット銀行のスマートプログラム、改悪とばかり思っていました。
いや、実際には改悪になっちゃう人も大勢いるわけですが(苦笑)
 
ハードルの低い条件を満たしていけば、これまでより手数料無料回数が増える可能性も大いにあるってことはよくわかりました。
 
どうせならランク3をめざしましょうか!
(ランク3=ATM手数料&他行あて振込手数料が月7回無料!)
 
ちゅうことで、ひとまず外貨預金、早速やってみようと思います!
また後日、詳細などを公開しますね!


PAGE TOP