医療保険は最低いくら必要なの?入院シミュレーションをしてみよう!

保険の見直し・節約

医療保険の考え方。
以前、次女が川崎病で入院したときに、いったいどれくらいあれば、じぶん自身が入院しても家族全員しのげるのだろう?と考えたことがあります。
 
子どもの入院といえど、いろいろダメージが大きかったですね(´・ω・`)
完全付添いって、思った以上に大変でした。
 


スポンサー リンク

実家援助なし家庭の専業主婦の医療保険。

以前は、専業主婦だったら、そこまでおおきな保障とかって必要ないのかなーって思ってました。
だけど、よくよく考えると、実家援助もない小さな子どもを抱えた専業主婦の入院だった場合、パートナーひとりで育児・家事に専念することになりますよね。
 
少なくとも、一時保育にしろ特定保育にしろ保育園に入れる(または予約が取れる)ようになるまでは、自宅待機です。
一時保育や特定保育は延長保育はない場合も多いので、時短勤務にもなりそうですね。
 
医療保険は、各家庭によって掛け方を変える必要があると思ってます。
↓ ↓ ↓
本当に保険は不要?家庭によって大きく違う生命保険の保障額。

高額療養費制度は年収で変わる。

15060203

公的医療保険では、高額療養費制度を利用すれば、自己負担額を一定額に抑えられます。

kougakuryouyouhi

高額療養費制度を利用される皆さまへ内PDFより。
 
2015年1月より制度が改訂され、上位所得者の負担が上がっています。
気をつけてくださいね!
 
上の表は、医療費の負担額なので、これに差額ベッド代、食事代(1食260円)、病衣代などが必要になります。
保険外の治療にも、保険適用はされないので、全額自己負担となります。
テレビ代か、もしくはタブレットの月額とか?とにかく暇をつぶすアイテムも必要ですね。

高額療養費制度で注意したいこと。

ただし。
高額療養費制度は、入院日が基準にはなりません。
あくまでも、1日から末日までを1つの単位(暦月)と考えるようになっています。
 
運良く月内に入退院できた場合と、月をまたいでしまった場合では高額療養費制度の払い戻しがない場合も。
負担額が大きく変わりますので、覚えておくといいですよ!

一般所得者が入院したときの目安。

たとえば治療費に100万円かかった場合。
負担額は8万100円+(医療費-26万7千円)×1%=8万7,430円です。
 
ただし、高額療養費制度は払い戻し形式のため、窓口負担は3割なので30万円は必要です。
(ただし、限度額認定証を事前にもらっておけば、自己負担限度額でOK。)
 
食事・病衣が、1日3食780円+108円(病衣は消費税がかかる。)で約900円。
個室料は医師の指示があれば無料ですが、じぶんから望めばいちばん小さな個室でも8,000円〜12,000円ほどは必要。
 
病院によってかなり違うので、病院のホームページをチェックしてみて近隣の相場を知っておくのもいいかもしれませんね!
 
差額ベッド代、希望しなければ必要ないっていうのはわかるんだけど、どうですかね?
実際入院してみると、希望したくなるときもあるんじゃないだろうかとは感じましたね。
 
カーテン1枚で隔てられてるだけですもの。
お見舞いで人は出入りしますし、体調悪かったら神経質になっちゃいそう( ;´Д`)

月をまたがない1ヶ月間の入院でかかる金額は?

医療費総額100万円:窓口負担額30万円
8万100円+(100万円-26万7千円)×1%=8万7,430円
食費/病衣等2万7,000円
自己負担額合計:11万4,430円

月をまたいだ1ヶ月間の入院でかかる金額は?

医療費総額100万円(前半25日80万円・後半5日20万円)

前半
窓口負担額:24万円
8万100円+(80万円-26万7千円)×1%=8万5,430円
食費/病衣等2万2,500円
自己負担額合計:10万7,930円

後半
窓口負担額:6万円

前半+後半の自己負担額合計:16万7,930円
 
月をまたぐと差が出てしまいます。
 
⚫︎各家庭で考慮すべきこと。
個室利用料(目安として1万円以上/日)
テレビ利用料
じぶんで買った飲み物や食事代
子どもが小さければ、ベビーシッター、保育園料金等
自営業なら休職中の収入保障等
タクシー代(もしくは電車代、ガソリン代)
 
医療費のめどはたちますが、ほかで出て行くお金は家庭によってもまた変わってきそうですね。
 
ただ、わかっていることは。
 
別に、がんだからって高額療養費制度が受けられないってこともないです。
(先進医療はあるかもだけど。)
 
女性特約のある保険もあるけど、女性特有の病気だと医療費の負担額が変わる!なんてこともないです。
 
普通の医療保険に入って、がん保険も入って、女性特約のついた保険にして・・・ってなると、いくらになるんでしょうね。
 
日額15,000円になったとして、2週間の入院で契約している医療保険から21万円支給されます。
でも、高額療養費制度を利用すると、自己負担は多くても10万円程度です。
年収が低ければさらに安いです。
 
差額はポケットマネーだ!自己負担以上に入ってきてラッキー!・・・って、なりますかね?
 
それまでに支払った「保険料」を忘れてはいませんか?
さらに毎月、社会(国民)健康保険料を支払っているんですよ?

 
また、会社員の場合、大手企業の組合健保なら付加給付制度をとっているところもあります。
これは、医療費が月額2万円程度になる給付制度です。
 
たとえば、高額療養費制度を利用して8.8万円負担したとしても、さらに6.8万円が健保から給付され、自己負担が2万円で済むというものです。
付加給付制度があれば、医療保険は不要と言い切れるので、万々歳ですよ!
 
ちなみに、しんごつぁんも大手企業の社員ですが、健保が貧乏すぎて付加給付制度なんてありませんよー(棒読み)
 
こうして公的医療保険をしっかり知っておくことで、へんな特約がついた医療保険や、現実的でない設計の保険を契約せずに済みそうですね。
あまり、女性特約とかなんとか特約とかいらん気がしてます、個人的に。
 
入るなら、
 
がんと診断されただけで保険金がおりるがん保険。
重大疾病で入院限度日数が延びる保険。

 
でしょうか。
あとは、先進医療特約めあてで入るくらいでいいんじゃないでしょうか。

病気で入院した身内の入院日数。
・川崎病→9日間
・糖尿病の管理入院→2週間
・悪性の脳腫瘍による入院→半年以上
・末期の乳がん→2ヶ月以上
・初期の乳がん→除去手術で1〜2週間、その後3週間サイクルの通院で抗がん剤
・胃がん→1ヶ月(その後、複数回入院)

 
自宅で看護・介護ができない状態の場合は、他の病院への転院なども発生するために、入院は長引くことも多々有ります。
 


民間の医療保険は万能ではない。

前の記事でも書きましたが、すべての安心を保険でまかなうことはできません。
保険は病気にしか使えないけど、現金ならいかなる用途にも使えます。
 
現金に勝るものはないです。
 
わが家はいろいろ判断して、いまは、しんごつぁんは日額5,000円の保険に。(見直しで減額しました。)
ゆみちんは、日額8,000円の保険に加入しています。
 
いまはまだ次女を在宅育児してますし、小学校にあがるまでは、医療費以外の負担がでかそうとの判断からです。
 
結局、最終的にはアンタどうなのよ!って突っ込まれそうですが、高額・無駄な特約まみれの医療保険なら、いますぐ見直しを!ってことですね。
そして、家計の負担が浮いた分をしっかり貯金していきましょうよ。
 
医療保険なんてイラナイ!なんて言われてもそれをさっさと手放せる人なんて、なかなかいないですよ。
でも、月々1万円も2万円もするような医療保険に入ってるなら、さっさと減額しよう!っておもってます。
 
いちばん大事なのは、どうして保険に入っておきたいのかっていうところをしっかりと考えることですよね。
まわりが入ってるから、とか、保険の仕事してる人に勧められたから、とか、親戚にすすめられたから、ではなく。
 
その点、ブロ友のhanaさんは、「妊娠中だけ入る」という、究極の入り方をされています!
↓ ↓ ↓
妊娠〜出産までの費用の節約方法!私は56960円戻ってきたよ。
 
解約までしなくても、加入している保険会社に電話で相談すれば、特約もはずせますし日額も変更できます!
 
新規加入を検討する場合は、無料保険相談などを利用して、対面での加入をおすすめします。
対面でしか契約できない保険(保障等)もありますから。
 
保険のこと、しっかり考えていきましょー♪
 
※この記事は2014年6月5日に書いたものを追記・リライトしました。
 


PAGE TOP