行動する、危機感を持つ、削ぎ落とす。香川県丸亀市のブロガー&フリーランス合宿でわたしが得たものとは

2016年6月24日個人事業主のお話, 暮らし・ライフスタイル

ちょっと香川県まで遠征にいっていたゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
完全クローズドのブロガー合宿に参加できたことが奇跡。
でもね、
 
行動しなければ何も変えられない
 
いつもそう思っているので、今回も飛び込んできました。
 
ええもう、すごいプロブロガー&フリーランスの方たちばかりだったので、飛行機に乗る直前まで、ガクブルしておりましたが・・・。
 
この合宿は完全クローズドなので、情報を公開することはできません。
 
ですので、この記事では、わたし自身が「すごい人」たちに囲まれて、じぶんの価値観を思い切りぶち壊されてしまったことで、思ったこと・感じたことをお伝えしたいと思います。
 
長いよ(笑)


スポンサー リンク

わたしが今回の合宿で得たもの

高松空港

人は、だれだって、こうなりたいというじぶんを持っているものですよね。
わたしも持ってます。
 
でも、そうなることが怖い。
そう感じるのも仕方ないんですよ。
 
だって、変えていくのって大変じゃないですか。
 
身内から非難されることもあるし、抵抗にあうこともある。
バカにされることもあるかもしれないし、でも、応援してくれる人もいるかもしれない。
 
ソーシャルを含めたネット上で、じぶんがやりたいことを声高に叫んだら、すごいバッシングにあうかもしれない。
 
いろんな人に妬まれるかも・・・
 
そもそも一般的なレールから外れてしまう恐怖感って、きっとすごいんだとおもいます。
わたしは、レールに乗ったことがないのでよくわからないんですが。
 
でも、レールの外の世界を見たら、どう感じるだろう。

レールの外にいる、突き抜けた人たちと関わること

いまの時代、ネットというツールを使えば、簡単にじぶんとは違う世界観を持ったひとと出会うことができます。
 
しかもね、いやらしくこっそり見ることもできるじゃないですか(笑)
 
とくにブロガーさんであれば、もう私生活から思考までセキララに書かれてますよね。
わたしも書いてますけども。
 
何かを変えたい、でも、なにを変えていいかわからない・・・
そんな気持ちもあるかもしれない。
 
でも、それってきっと、突き詰めれば、生き方(ライフスタイル)を変えていきたいんですよね。

多様性にあふれたライフスタイルを受け入れてみる

男性がガツガツと家庭を顧みず働くという価値観が、少しずつ変化しているいまの時代。
 
わたしは女性なので、女性の生き方や働き方についてはよく考えるのですが、きっと、もういまの時代は、男性だって生き方を自由に選んでいい
 
ブロガー合宿の主催をされた、ヨッセンスのヨスさんは主夫プロブロガーです。

ヨスさん

ヨスさんのブログ読むだけでも、価値観変わってきます。
 
ジェンダーのこと、日本の古い価値観などにズバッと切り込んでいる記事も多く、これまでじぶんが普通だと思っていたけど、実はおかしな話の存在に、たくさん気づかされました。
 
滅多に表に出てこない淡路島のネイチャーブロガーのんくらさんも、新しい生き方を選択されています。


 
のんくらさんがよく言われるのは「他人とじぶんを比べない」こと。
 
これ、わたしにとってはすごく課題だったんです。
 
だけど、他人と比べてもしんどさしか残らない。
良い劣等感は向上心を生むけど、悪い劣等感は悪い嫉妬しか生みません。
 
人と違ってもいい。
そういつも言ってもらえてるような気がします。
 
都会から地方に移住したら、こんな変化があるのかぁ!と、おもしろい発見がいっぱいあるまだ東京で消耗してるの?のイケダハヤトさん。

イケダハヤトさん

地方のなかでも、わたしの実家があるところはかなり保守的な地域なんで、正直あまり帰りたくないんですよね。
 
でも、イケハヤさんの高知関係の記事を読んでいると、田舎をつまらなくしているのはじぶんかもしれない・・・って思うようになりました。
 
もっと、地元の良さをみてみようかなって、いまは思ってます。

「資本主義のスーパーサイヤ人たち」との対話から学んだ4つのこと。

お金がなくても、工夫次第でいくらでも暮らしていける。
そこに気づいたひとって強いんですよ。
 
ノマド的節約術の松本さんは、なんとなくひょうひょうとしている印象を受けるんですが、考え方や、やっていることにムダがない。

松本さん

お金をどうにかしたいと思うなら、まずは削ぎ落とすことが大事。
 
でもね、お金のことでざっくり話せる機会や場所があんまりないですよね。
 
松本さん主催のノマド的節約塾は、ざっくばらんに進んでいく、生活に密着したお金の話ができる塾(というかサークル的なイメージ)。
 
ここに一歩踏み入れる勇気さえあれば、お金のことは解決するかもしれません。

女性としてバリバリと働く。
男性にはわからない、男性社会のなかで生きていて感じる、つらさ。
 
ももねいろの橘 桃音さんは、会社員からフリーランスに転身されたブロガーさん。

ここまで大きく舵を切って生き方を変えるなんて、並大抵の勇気と行動力ではないと思います。
 
ブログ記事の構成も、文章力も、突き抜けてる。
書き方や写真の撮り方、そしてももねさん独自の視点。
 
大事なのは、ももねさんから紡ぎ出される記事から、なにを学ぶのか。
生き方・考え方・じぶんとの向き合い方、そして、女性の人生。
 
じぶんとじっくり向き合っていきたい・・・
ももねさんのブログから、いつも人生を考えるきっかけをもらっています。

好きなことはとことんやればいい

好きなことばかりやってたらダメだ・・・
そう言われて育つ人も多いんじゃないかな。
 
わたしは、嫌いなことしか続けさせてもらえませんでした。
 
当時こどもだった頃のわたしが、なにを好きだったのかなんて、もう全然思い出せないくらい、好きなことをできなかった。
 
わたしは、こどもにはのびのびと好きなことを突き詰めてもらいたい。
いつもそう思ってます。
 
台湾にワーキングホリデーで住んでいるあしたはもっと遠くへいこうの前原さんこと、まえちゃん。

ドローン
(前原さんのドローン!)

ブログに「人生でやりたい100のこと」を公開されてるんですが、じぶんがやりたいことを明確に持ててるってだけで、わたしにはすごいことだと思ってしまう。
 
やりたいことが見つからないって人は、やりたいことが見つかったら、少しずつリスト化してみたらいいかも。
 
わたしも、リスト化してみよう^^
 
好きなことを突き詰めていくと、ものすごい影響を与えることができる。
 
わたしのメインサイトで使わせてもらってるブログ用テンプレート「ハミングバード」の制作者、矢野キチさん。
 
最初はHTMLもわからなかったそう。
 
[WP]最強と話題!? ブログ用テーマ「アルバトロス」の作者にインタビューしてきた
 
ハミングバード、大ヒットですよ。
 
やっぱり、好きなことだからここまでできるんだと思う。
きっと、大変なこともあるんだろうけど、それを超えるなにかがあるんかな、と。
 
新しく出たSTORK(ストーク)、買おうかな(アルバトロスも持ってるので全部そろえるわ。笑)
 
大学に行ったからって、なにも就職はしなくていい。
わたしも会社で働いていたけど、正社員は未経験者。
 
小さな挑戦を続けたい、じぶんの気持ちを大事にキャンピングカー生活をしているやぎろぐの八木さん

八木さん
(右側が八木さんです。)

じぶんが持つ興味、楽しいことへのワクワクを追求する。
その姿勢に、若さへの羨望すら持ってしまいます。
 
キャンピングカー生活って、どんなだろう。
実はわたしも、いま家族レジャーをキャンピングカーでしたいなって思ってるんですよね。
 
山口県の秋吉台(あきよしだい)をおすすめしたけど、いつか行ってくれるといいな。

カルスト台地

カルスト台地は、キャンピングカーで走るには最高ですよ!

人とのつながりが、新しい世界をもたらしてくれる

なにも行動を起こさなくても、きっと平和に暮らせてた。
 
だけど、なにかつまらない。
こんな人生でいいのだろうか。
 
いつも漠然とした不安を感じていました。
 
だから、わたしは行動しているんです。
もちろん、普段はじぶんなりに、できる範囲で、ですけどね。
 
でも、ときには「じぶんの範囲」から、強制的に越えていくような行動をしたくなるわけで。
そうでないと、新しい世界には触れられない。
 
で、今回の香川行きは、越えていけるチャンスだった。
 
おもしろいですよね。
越えてったおかげで、まったくちがうタイプの世界で生きている方と、巡り合うことができました。
 
お坊さんでパフォーマー。
これだけで、とても興味が湧いてしまう。
 
香川県丸亀市にある浄土真宗のお寺、真宗興正派の「善照寺ブラザーズ」。

善照寺ブラザーズ

右側がへんもさんと、左側がとっしゃんさん

わたしの実家も浄土真宗で、「南無阿弥陀仏」にはなじみがありました。
 
きっと、善照寺だったから、今回の合宿は大成功に終わったのだと思うし、素晴らしい人たちが集まってきたのだと思う。
 
お寺での結婚式の話になりましたが、わたしのいとこはお寺で結婚式を挙げたんですよ。
とっても厳かで、でも、どこかあたたかくて。
 
お寺での結婚式、無条件に、いいですよ!
 
シルクドソレイユ(シルク・ドゥ・ソレイユ)って、1度は聞いたことありますよね。
そこで活躍をされていた、なわとびパフォーマーの粕尾将一さん

粕尾さん

純粋に、かっこいい。
で、めちゃくちゃ気さくで誠実。
 
一度見たら、絶対ハマるなわとびの世界。
 
そういえば、昔なわとびよくやってたなぁ。
わたしの通ってた小学校は、なわとびに力を入れていて、なわとび大会なるものがあったんですよ。
 
他人との競争ではなく、個人の記録を伸ばしていく。
二重跳びが初めてできたときの、あの喜びがふつふつとよみがえってきました。
 
わたしは、人とのふれあいやつながりに、恐れを感じている部分がありました。
 
でも、人とつながってなにかをやることは、おもしろいことがたくさんあるんだ、そう気づかせてくれたのが、ココロザシの守岡さんです。

キャンピングカー
(いちばん奥に・・・キャンピングカーをめちゃくちゃ撮影されてました。笑)

松本さんと守岡さんのお話を聞いているだけで、ワクワクしてくる。
信頼関係が本当に大事なんだなって痛感しました。
 
【対談】ノマド的節約術の大切なパートナーである守岡裕志さん。共に歩んできた5年間の軌跡
 
香川に行く機会がなければ、きっとこんなに暖かいご夫婦には出会えなかったかも・・・
 
同じ片付けブロガーで「モノと向き合う 暮らしを考える」を運営されている、さえさんとその旦那さんのぽん太さん
 
ご夫婦でブロガーさんなんです^^
 
わたしは山口出身ですが、いまは千葉に住んでいます。
だから、地域によって文化が全然ちがうことを知っています。
 
そして、違いを知る喜びも。

わたしが知りたい香川のうどんのことを、丁寧に教えてくれて。

うどん

おいしい「がもう」といううどん屋さんに連れていってもらい、香川のうどん文化を存分に堪能することができました。

空港のだし

高松空港のだしが出る蛇口、さえさん情報のおかげで、経験することができました(笑)


共通していたのは、危機感を持っていること

わたしは、専業主婦でした。
でも、ほんとうにこれでいいのだろうかと思いながら、専業主婦をやってきました。
 
そして、インターネットという世界のなかで、じぶんなりの生き方を模索して、挑戦してきました。
 
キャリアもない、特技のない主婦でも、ただただ試行錯誤を繰り返しながら続けることで、じぶんの強みにしていける。


あれこれ考えているだけじゃ、人生は動かない。
 
だから、動いてみた。
うまくいく確証なんてどこにもないけれど。
でも、どこかに危機感があったから。
 
この日集まってきていた人から強く感じたことはいろいろあるけれど、「危機感」はすごいものがあったように思います。
 
お金がなくてやばい・・・とか、日本の今後どうなるの!?という危機感ではないですよ(´・ω・`)
 
じぶんへの危機感です。
 
その危機感をうまく原動力にしている。
わたしも、根っこはそんな感じです。


だから、生き方で悩んでいる専業主婦の人っていると思うんですが、なにかしら持っているものがあるなら、動いてみるといいと思います。
 
動けない理由はいっぱいあるだろうけど。
それは、ほんとうに「できない理由」になるのだろうか?
 
もしかして、やりたくないという目的を達成するための理由にしてはいないだろうか。
 
専業主婦を否定しているのではなく、専業主婦をやりながら、堂々とじぶんの好きなことに打ち込んでいこうよ!ってことなんです。
 
なにかと揶揄の対象にもなる専業主婦という立場のひとたち。
わたしも含め、心ないひと言にたくさん傷ついてきたと思う。
 
「仕事をして稼ぐことがひととして立派。」
「専業主婦は、夫に逆らうな。」
 
「専業主婦やってて余裕でいいね。」
「将来やじぶんのキャリアのこと、考えないの?」
 
そんなエグいことを平気でいうひとたちにも出会ったでしょう。
わたしは出会いました。
 
だからって、まったく萎縮することないです。
そんな心ない言葉は、バッサリ切り捨てましょう。
 
今回のブロガー合宿に集まっていたひとたちは、いい意味でマイペースでした。
いやほんとに・・・時間もまわりの目も気にしてないしね・・・しかも、すぐ話に夢中になるし・・・(おもしろすぎた。笑)
 
雑音をシャットアウトして、じぶんのなかのいらない情報を削ぎ落としている。
 
だから、くらべものにならないくらいの、突き抜けた結果が出せるんだなって。
 
わたしはまだまだ突き抜けられていませんね^^;
 
わたしに向けられるネガティブな言葉を受け取りながらも、いいようにシャットアウトして10年間ブログ活動を続けてきました。
 
ええ、もう「ブログを書く」という好きなことばっかりに、じぶんの時間を割いてきました(笑)
でも、それでいいと思います。
 
専業主婦やりながら、好きなことも、どんどんやっていこう!

もしかしたら、2年後には全然ちがう世界と触れ合うことができているかも。
 
これまでのじぶんが住んでいた世界とちがう世界に触れるだけで、じぶんの人間性や知識を高めることができます。
 
縮こまってないで、どんどん飛び回っていきましょう!


PAGE TOP