生命保険のムダのない掛け方とは。もっとお金を貯めたいから保険相談を1年ぶりに受けてみました。

2015年12月6日保険の見直し・節約, 学資保険・医療・生命保険

保険相談をしてもらったゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
8年前に保険相談を利用してから、今回で・・・何回めでしょう(忘れたんかい。笑)
ゆみちんが保険相談をよく利用する理由は、お金の知識がものすごく増やせるから、というのがいちばんです。
 
いま必要な保障と、将来必要になるお金の話を相談する。
 
また、好きなだけお金の話ができるんですよ!
そんなこと、相談できる機会って、なかなかないですよね^^
 
今回は、全体的な保険の相談と、お金をもっと貯めるためにはどうすればいいのか知りたかったので、保険相談を1年ぶりに受けてみました。
 


スポンサー リンク

人生年表のヒアリングから相談は始まる。

保険相談

保険相談は、まず人生の年表作成からはじまります。
 
家族みんなの年齢から、定年までの年表。
定年から平均寿命まで。
どのような保障が必要で、どう備えていきたいのか。
 
保険相談では、担当さんが「この保険買ってください!」なんて、売ってきたりするものではないんですよ。
 
ここから誤解されている方もいるかもしれませんが^^;
 
あくまでも、じぶんたちの人生で、何をいちばん大切にして生きていきたいのか、どの保障が不足していきそうなのかという、こちらの都合が最優先なのです。
 
保険相談を受ける場合は、じぶんたちの人生設計は、ぼやっとでもいいので作っておくといいですよ!

今回の相談のキモはこれ!疑問や考えていることはバンバンぶつけよう!

保険相談を進めていく中で、じぶんたちが大切だと思うものの順番をつけてくださいと言われました。
こんな質問、はじめてですね!
 
・貯める
・入院
・万が一
・ガン
 
さて、あなたはどれがいちばん大事だと感じますか?
ぜひ考えてみてくださいね!
 
ゆみちんは、
 
・貯める
・万が一
・入院
・ガン
 
でした。
 
お金があれば、保険なんていりません。
だから、「貯める」がいちばん大事です。
でも何千万円も貯められないので、2番目に大切だと思ってるのが、万が一への保障です。
 
入院(医療保険)とガン保険は、高額療養費制度があるので、貯金があれば入らなくてもいいものです。
 
ガン保険は、どうなんだろう?と疑問でいっぱい。
一時金払いのものも、1回しか保障しない、上皮内新生物に関しては払いません!っていうガン保険もありますし。
 
いちばんいらないと思ってるのが、通院保障。
これ、いる?って思うんです。
 
抗がん剤治療のための通院って、サイクルが決まっているのでメドが立ちやすいんですよね。
毎週打つものでもなく、数週間に1回です。
その保障を1万円/日つけると言われても・・・となぁ、と。
 
ガン保険に入るなら、支払い条件をクリアしたものに、年数を限定して入りたいところ。
たとえば定年まで、とかですね。
 
乳がんをやったおばは、抗がん剤の通院にはそんなにお金かかってないと言ってましたし。
逆に、副作用で寝込む日が増えるので、貯金をして現金をもっておくほうがよっぽど心強いとの話でした。
 
ゆみちん自身が、こう考えているということは、そのまま訪問員さんに投げかけましたよ!
保険相談に遠慮はいりません^^
 
疑問に思ったこと、じぶんはこう思っているということは、バンバンぶつけていきましょう!
 
で。
今回の訪問員さんは、
 
・貯める
・万が一
・ガン
・入院

 
という順番でした。
入院、ようは医療保険については、いらないと思ってます、と。
 
ほうほう、気になるところですよね!
ガン保険のほうを医療保険よりも重視する理由も気になるところです。
 
医療保険は、ゆみちんもなんとなくいらないかもな、と思ってはいても、やめるふんぎりがつきません^^;
 


医療保険がいらないなと感じる理由。

入院

医療保険は、入院に備えるための保険です。
日本には、高額療養費制度があるので、一定以上の医療費の負担はありません。
 
★参考リンク
高額療養費制度がわかれば節約できる!2015年1月から変わった自己負担額。
 
ということは。
貯金があれば、医療保険はいらないってことですよね。
入院費用は貯金で払えばいいんですから。
 
ゆみちんが医療保険を契約した当時は、貯金が200万円くらいしかありませんでした。
これから子どもも生まれるし、実家も遠いし、あれこれ考えて、日額8,000円の医療保険に入りました。
 
でも、加入後8年経ち、預貯金も750万円を超え、次女も幼稚園&長女は小学校と、こどもたちも大きくなりました。
ゆみちんが入院しても、夫のしんごつぁんが時短勤務をすれば乗り越えられるでしょう。
 
また、ゆみちん自身も仕事をはじめました。
パソコンで文字を入力さえできればなんとでもなるので、収入が途絶えることはありません。
 
この8年でライフステージも変わり、医療保険に対する意識が、ものすごく変わってきたのです。
 
いますぐ入院してなにかあっても、保険に頼らなくても大丈夫。
もっとお金を貯めたいので、いらない保険はドンドン切って、お金が貯まるようにシフトさせていきたいものですね。
 
今回の相談では、医療保険は解約、もしくはもっと安くて良いものに乗り換えていこうと決めました。
 
保険相談は1日では終わりません。
次回の相談までに、医療保険を含めた、全体的な保険の設計書を作ってもらう予定になっています^^

保険相談は積極的に利用しよう!

保険契約にゴリ推しもなく、いらないものはいらないと言われ、今後の経済動向からどういう保険を選んでいくのが理想的なのか。
 
また、どういう保険が企業として利益を生み出しやすく、利用者にとってメリットの薄い保険なのか、というお話も聞くことができます。
 
さらには、訪問員さん自身がどうして無料で相談を受けることができているのかということも、きちんと説明してもらえます。
 
保険相談は、保険の相談だけではなく、家計を含めた、お金全般の話をすることもできるんです。
メインは保険になることは確かですが、突っ込んだ話はいくらでもできる・・・というか、しちゃってますね^^;
 
家計簿をつけているパソコンと保険証券を並べ、収入、貯金状況、家計の状態を見ながら、相談を進めていきました。
投資と貯金(現金)のバランスも良いんじゃないかと言っていただけましたし。
 
保険相談は、将来の人生設計にも役立ちます。
こどもがいれば、こどもたちにかかるお金も考える必要があります。
いまでは、1年に1回は相談しようと思っているくらいです。
 
未来を楽しく過ごすために、いまできることをやっていく。
 
そのために、ゆみちんは保険相談を利用しています。
 

★合わせて読みたい医療保険のカラクリ記事。
医療保険のカラクリ。あなたの医療保険、モトをとるのに何日入院する必要があるか知ってますか?
 


PAGE TOP