20代からの資産形成。掛け捨ての保険なんてやめちゃいな。

2015年3月19日お金が貯まる考え方。, お金と家計管理・貯金, 学資保険・医療・生命保険

結婚して丸10年を迎えたゆみちんです。
どうも(´・ω・`)
 
 
今日でちょうど10年です。
地味に結婚記念日です。
 
だからといって、とくにスイートテンダイヤモンドとかもらえるわけでもなく(´・ω・`)
しんごつぁんも大事な接待があって仕事ですし。

それに、ゆみちん、ダイヤの指輪より、
 
アパート1棟欲しいです(゚∀゚)
 
だから、がんばって接待してこい!しんごつぁん!!(笑)
夢の大家さん目指してがんばるんだ!!
 
結婚10年目とはいえども、しんごつぁんと出会ってからは10年どころか、13年?になろうかというところですわ。
もう、遠い過去のことなので、何年経ったんだか、記憶もあいまいです。
 
そんな記念日に、ちょっと思ったことがあるので書いてみます。
 


スポンサー リンク

通りすぎた20代を思い出して。

ゆみちんは19歳から社会人になり、それなりに仕事をして、副業もして、兼業もして、正社員でないにしろ、手取り20~30万円前後を稼いでいました。
 
だけど、
 
浪費しまくり、借金しまくりの、マネーリテラシー最低のオンナでした。
 
ローン??
平気平気(´∀`)
稼げば全然いいから!
 
的な(´・ω・`)
いまじゃあり得ないですね。
 
まぁ、ある意味で、若いからこそできた浪費だと思います。
好きなことしまくって、夜中も遊びまくって、でも、ちゃんと父他界後は、家にしっかり生活費を入れて家族でがんばってきましたから。
 
悔いはあるけど、悔いはなし(笑)
 
もっと貯金しておけばよかったかなぁ?という思いは多々ありますが、浪費してお金を使い果たした経験なんて、いまからやろうと思ってもできないので、教訓にはなったなぁと感じています。
 
そんな浪費家ゆみちんが、節約家夫しんごつぁんと出会い、結婚してからコツコツとお金を貯めてきました。
 

結婚後に感じたこと。

15031901
 
結婚を決めて貯めたお金は150万円。
結婚式も、住宅の購入も、じぶんたちが貯めては使い、貯めては使いで、親の援助は一切なしでこれまでやってきました。
(お祝いはもらいましたけども。)
 
転勤して貯金が減り、さらに妊娠して7年も専業主婦でやってきて(笑)
それでも、現在の総貯蓄額(貯蓄型保険含む)は、700万円を超えました。
(不動産・車は除く。)
 
じぶんたちですべてをまかなう!
 
という覚悟はものすごく持っています。
まんがいちがあっても実家には帰らないで良いプランをたてていますし、老後も娘たちとは適度な距離を保ちつつ生活したいと、いまから考えています。
 
これから結婚する人たちも、結婚したばかりの人も、じぶんたちでどうにかするぞ!っていう覚悟はもっていたほうがいいかもしれない。
 
だって、これからの時代は、親の老後も、必ずしも豊かだとは限らないからね。
年金支給年齢も遅れ、支給額も目減りし、親のお金はアテにできない時代だと、ゆみちんは感じてます。
(ごくごく一般的な家庭の話ですよ。)
 
話戻して。
 
専業主婦家庭で、なんでここまで貯めることができたのか。
あらためて考えてみたところ・・・精神論ではなくてね。
 
簡単に使うことができない方法だから貯まっていた。
 
ってことにあるなって感じたんですわ。
わが家が、ここまで貯めることができたおおきな理由があります。
 

掛け捨てなんてやめなさい!

 
貯蓄型の生命保険を長く掛け続けてきたから。
 
もう満期を迎えてしまった、お宝保険です。
昔は利率の良い貯蓄型の保険というものがありました。
かんぽだったんですけどね。
 
生命保険と医療保険がいったいになった、かなり保障も厚くて優良な保険だったなと、いまでも思います。
 

じぶんの常識が崩れた日。

ゆみちんね、若いうちは生命保険や医療保険にお金なんて掛けずに、やっすい掛け捨ての保険に1つくらい加入しておけばいいでしょって思ってたの。
保険なんかに大金払う必要ないよって。
 
でもね、保険のビュッフェの相談で、FPさんとの雑談のなかで、
 
 
掛け捨てほどムダになってしまうお金はない!
どうせ保険を契約するなら貯まっていく保険のほうがはるかにいい。

 
 
という話をされて。
それまでのゆみちんのなかの常識が、ガララッと崩れました(;´∀`)
 
相談したFPさん自身は、本来なら、貯金があれば保険なんていらないですよっていうスタンスでした。
でも、どうしても大きな保障が必要になる年代はあるので、
 
保障を得るために保険を契約するならば、できるだけ掛け捨てじゃない保険を選ぶほうがいい。
 
っていうことでした。
 
★参考リンク
↓ ↓ ↓
終身保険1本で備える!次女の学資保険。専業主婦の生命保険。
 
もちろん、家計の状況にもよるけどね。
貯蓄型の保険は、貯蓄になるとはいえ保険料の負担も大きくなりますから(´・ω・`)
 
それに、3,000万円の保障がある生命保険を貯蓄型で準備するなんて、絶対無理ですから。
掛け捨ての保険を最低限に使いつつ、それ以外は、貯蓄型も使っていこうよって話でしたよ。
 
でも、その話を聞いて、じぶんたちも貯蓄型の保険を利用して、300万円を作ってきたよなぁと思いだしたわけです。
 
いまも、貯蓄型の保険は、3本ほど加入しております。
あと2年で満期になるのが1本と、10年後が1本と、20年後が1本です。(サザエさんみたいだな。)
満期がきても、解約しない限り少しずつ増えていくので、基本的にほったらかし(゚∀゚)
 


カンタンに使えない方法で貯金を作ろう!

若いうちから貯めることばっかり考えるのも、ちょっとつまらんとは思いつつ(笑)
これから貯めたいと思ってる若者がここを見ているならば。
 
 
お金は簡単に使えない方法で貯めておくといいよ。
 
 
ってことですね(´・ω・`)
ゆみちんたちのかんぽも、満期時に勝手に(笑)大金になってましたから。
これはほんとに大きかったです。
 
・定期預金
・会社の財形貯蓄(年金も?)
・貯蓄型の生命保険
・持ち株会
・株!?
・投資信託!?

 
などなど。
ゆみちんのように、手元にあれば使っちゃうタイプならなおさら使えない方法がベストですわ(笑)
最後3つは元本割れリスクありだけど(;´Д`)
 
 
結婚後はさ、自由になるお金も少なくなるし、そもそもへそくりを作るのだってむずかしくなるわけですよ。
すこしくらい、じぶん名義のへそくりとか持ってたほうが、ゆみちんはいいと思ってる(笑)
 
え?
ゆみちんはあるのかって?(´・ω・`)
 
結婚資金で使い果たしたので、独身時代に貯めたお金はナッシングですよ?
 
ほんとしくじったわー。
ちゃんと折半で貯めて、折半で払っておけばよかったわー。
 
一緒の口座にしちゃったので、わからなくなったっていうオチ(´・ω・`)
 
だから、絶対じぶんの名義で貯めたほうがいいって。
ゆみちん、いまになってようやくじぶんで貯められるようになりました。
 
適度に使いながら、勝手に貯まっていくシステムを構築して、貯めていきましょう!
若者諸君(´∀`)
(って、若者はこのブログをみているのだろうか?)
 


PAGE TOP